人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ライブやコンサートの裏側、見せちゃいます!【音響(PA)のお仕事】

ライブやコンサートの裏側では多くのスタッフによる準備が行われているのをご存じでしょうか?

その中でも音響(PA)セクションは、音を出すもっとも重要なポジションです。

音響の仕事

音響の仕事と一言に言っても

  • 野外での仕事
  • ホールでの仕事
  • 仮設の仕事
  • 常設の仕事
  • 音楽イベントの仕事
  • 講演会の仕事など

催しや場所によって仕事内容や進め方はさまざまです。

今回は、一般的に行われるコンサートやライブの音響スタッフが、当日にどんな仕事をしているかを、基本的な流れに沿って解説していきたいと思います。

機材出し、積み込み

仕込み日までにPAオペレーターが出したプラン、出庫票をもとに必要な機材を出していき、機材車に積み込みます。

以下ここでのポイントです。

  • 忘れ物がないように入念にチェック
  • 積み込みは荷崩れしないように、機材に負担がかからないように気をつける

積み込むタイミングは、イベントによってまちまちですが、搬入時間が早い場合は当然朝早くや、前日に積み込むことがあります。

搬入

現地に到着したら、主催者の指示のもと機材を搬入していきます。

以下ここでのポイントです。

  • 機材車から降ろし一旦ためる時は、人や機材が通る導線をふさがないようにする
  • 搬入時、ステージで使う物、上手・下手で使う物、PAブースで使う物など、仕分けながら行うことで仕込みがスムーズに作業できる

参考:【ライブハウスの】上手(かみて)と下手(しもて)ってどんな意味?

仕込み~チェック

搬入が終わったら、順番に仕込んでいきます。

機材を設置したり、実際音が鳴る状態にまで準備することを音響の世界では仕込みと言います。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています