人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【プロドラマーに聞いてみた】シンバルのセッティングや奏法で大事なことは?

ドラムセットの中で、チューニングがほとんどできないもの……

それがシンバルです。

ミュートをしたり、シズルを付けたり、複数枚を重ねてみたりするくらいが関の山。

なので、購入時は結構こだわって選んで良いと思います。

個人的には演奏時におけるこだわりは、さほどありません。

叩けば鳴る楽器」なのでね(笑)。

今回は、そのシンバルのセッティングについて焦点を当てていきたいと思います!

プロドラマー幸田(Cody)祐介さんにインタビューしてみましたので、そこでの貴重なお話を後半では紹介します。

シンバルのセッティング

シンバル

一番良く鳴るセッティングは、地面に対して水平です。

日本のポップスを支えるドラマー:河村カースケさんのセッティング

無駄がない感じがします。

ドラマー界のベーブ・ルース的な存在のBuddy Rich

昔は、ブームスタンドなんてなかったですからね。

ストレートシンバルしかないし、角度の調整なんてつけられません。

まさに鍋の蓋状態です。

叩いた時に前後左右にグワシャーン!と揺れることで音が響きます。

角度が付いていると、手前側にしか揺れないので、鳴りとしてはそんなに響きません。

これは、精密なレコーディングレベルの話なので、ライブなどではほとんど気になりません。

一番気にしなければならないのは、自分が叩きやすいかどうか?です。

名立たるプレーヤーは、セッティングにもこだわりが詰まってます。

アレキサンドロスのドラム:庄村聡泰さんのセッティング

俺がやったら絶対に疲れちゃう(笑)。

Terry Bozzioのセッティング

皆さんご存じ、Terry Bozzioのシンバル!

圧巻ですね!

楽器屋さんみたいって言ったら起こられちゃうかな?(笑)。

PRINCEのドラマー:John Blackwellの後ろにあるチャイナシンバル

いったいどうやって叩くのだろう?

ある記事で読みましたが、日本を代表するトップドラマー村上”ポンタ”秀一さんのセッティングは、JAZZ系の時のシンバルはタムと同じくらい低い位置にあります。

逆にポップス系の時はシンバルは高い位置にあります。

タムと同じくらいの高さにする事で、タムを狙っているマイクにシンバルの音も混じる。

その混じった感じが良い!

逆にポップスは、音を分離させる必要があるから、タムのマイクに余計な音は乗せたくないそうです。

マイク乗りまで考えられるドラマーは、世界広しと言えど、ポンタさんだけではないでしょうか?

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています