- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【DTM初心者のための】音が出る仕組みを覚えよう

DTM(DAW)はなんとなく弄るだけでも音を出すことはできますが、基本的な仕組みについてだけは覚えておいた方が良いと思います。

少しだけ専門的な言葉も出てきますが「音が出る仕組み」について簡単におさらいをしてみます。

音が出る部分「音源」

DAWソフト

http://o-dan.net/ja/

Halion Sonic SEKONTAKTなどの録音された音を再生して音を出す「サンプラー」やPrologueやMASSIVEのようにアナログシンセなどの発音原理をプログラムで再現した「シンセサイザー」。

ボーカロイドなども音源に分類されます。

発音の方法はそれぞれ異なりますが、これらの「音を鳴らす物」をまとめて「音源」と言います。

音楽用語で「音源」というと制作された楽曲データの事を指すこともありますが、DTMで音源という場合は「音を鳴らす物」を指していると考えてください。

参考:音源(おんげん)とは – コトバンク

音源の演奏をさせる「MIDIデータ」

MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)は、日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会)と国際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により策定された、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。

物理的な送受信回路・インタフェース、通信プロトコル、ファイルフォーマットなど複数の規定からなる。

MIDI – Wikipedia

参考:MIDIが良く分かる。バンドマンのためのDTMの基礎知識

MIDIはかなり古い規格なので、現在では事実上使用されない部分もありますが、重要なのは「電子楽器(音源)の演奏データを機器間でデジタル転送する」の部分です。

これをDTM向けにかみ砕いていうと「DAWから音源に演奏させる楽譜を送るためのルール」という事になります。

難しそうに聞こえるかもしれませんが難しく考える必要は全くありません。

DAWに音符のデータを並べて再生すれば自動的にこのデータを対応した音源に向けて送ってくれるようになっています。

こんな記事も読まれています