Band@RAG
バンドをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|3,647 view

コードが変わるだけでメロディの聞こえ方が変わる!コード進行の基礎知識

以前2回にわたってダイアトニックコードについて勉強しましたが、今回はいよいよ実践です。

前回:ダイアトニックコードの機能「主要三和音」「代理コード」とは?

ダイアトニックコードを使ってコード付けをしていきましょう。

コードの付け方

今回、私が作りました曲で実際にやってみましょう。

譜面

コードをつけていない状態だとこのようになります。

さて、問題はコードを付けるときにどのようにしていこうかということです。

楽譜は「ドレミファソラシド」のみでできていますのでキー(調)はCメジャー、もしくはAマイナーが考えられます。

Cメジャーの場合

この曲をCメジャーの曲として完成させてみましょう。

使うのはCメジャーダイアトニックコードです。

Cメジャーダイアトニックコード

一番最初の小節は「ミレド」の音でできています。

この場合Cメジャーコードを入れるのが無難だと思います。

Cメジャーのコードトーンがメロディの中にも2つ(ドとミ)入っているので、不協和に聞こえることはないです。

例えば、最初のコードをDマイナーコードにしてしまうとコードトーンの音は「レ」の音だけになるので、かなり合っていない印象が出てきます。

このようにメロディの音とコードトーンの音を一致させることが、コードを付けるときにポイントです。

この作業をこれ以降の小節に同じように当てはめます。

そしてできたのがこちらです。

譜面

それでは聴いてみてください。

コード付けに正解はないので、あくまでも一例としてみてください。

Aマイナーの場合

使うのはAマイナーダイアトニックコードです。

順番は違いますが、Cメジャーダイアトニックコードとおなじです。
Aマイナーダイアトニックコード今回は最初のコードをCメジャーコードの代わりにAマイナーコードにします。

Aマイナーコードに代えてもドとミの音が入っているので、不協和には聞こえません。

これも同じように作業していき、できたものがこちらです。

コードは、Am→E7→Am→G→F→C→Dm→Amです。

いかがでしょうか?

メロディは同じでもコードを変えてしまうだけで違う雰囲気を作れます。

最後に

コードの付け方の可能性は無限大です。

よろしければ今回の私の曲を練習台としてお使いください。

そしてコードが付けられたら他の人に見てもらうのも1つの手だと思います。

周りの音楽仲間、よろしければ私でも力になれることがあればご協力します。

次回からはコード付けにおけるテクニックを紹介していきます。

著者プロフィール

キーボーディスト

佐々木亮祐

北海道札幌市出身。

19歳の時に専門学校に入学し、音楽理論などを2年間学ぶ。

キーボーディストとしても活動しております。

こちらの方で音楽理論の記事を作っていました。

ウェブサイト:http://mrpianoman0620.blogspot.jp

Twitter:sasasa_maegami

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

おすすめの記事あわせて読みたい