人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【DJ初心者のための】今さら聞けない「デジタルDJ」のこと

音楽を始めてみたい……。

今や手頃な価格で始められるDJですが、DJといっても、いろいろなソフトウェアがあります。

特にスマホ系アプリまで含めると、莫大(ばくだい)。

僕だって知らないソフトウェアもたくさんあります。

そこで、まずはデジタルDJってどんなこと?

って所からご紹介してみたいと思います。

デジタルDJとは?

DJ

「DJソフトウェア」と何らかの「DJソフトウェアのコントローラー」の組み合わせで、DJプレイを楽しめるもの、それがデジタルDJです。

ひとえに「DJソフトウェア」といっても、大きく分けて二種類、存在します。

一つは「DVS」のソフトウェア。

もう一つは「コントローラーシステム」のソフトウェア。

この二通りの使い道が、DJソフトウェアを「パッ」とは分かりにくいものにしている、とも言えます……。

DVS

DJ機器Digital Vinyl System(だっけな?)の略でDVS、つまりデジタル技術でレコードをコントローラーとして利用できるシステムです。

DVSでは「専用のレコード」を用いてDJをします。

この専用のレコードにはコントロール信号が刻まれており、それをパソコンで読み取ることでソフトウェアがコントロールできるようになる、という仕組み。

つまり、この一連のDVSシステムが整えば、パソコン内に保存されているMP3などをレコード(DVS専用レコード)で扱うことができるようになるわけですね。

ということは……。

そもそもハードウェアとしてのターンテーブルとDJミキサーが必要となるわけです。

他にはレコードのコントロール信号をパソコンに取り込む必要もあるので、「オーディオインターフェース」と呼ばれるパソコン機器や接続ケーブルも必要となります。

といっても大抵のDVS製品は「ソフトウェア+専用のレコード(CD)+オーディオインターフェース+ケーブル」がワンパッケージとなっていますので、パソコン周りに関しては心配はいらないと思いますが、初めてDJをしようという人には、ターンテーブル+DJミキサーもそろえるというのは、ちょっと敷居が高い所ですね。

ということもあって、近頃DVSはわりと下火になってきています。

そもそも現代はデジタル技術が進歩し、ターンテーブルやミキサーに代わるシステムが登場してきているために、DJを始めたいならばターンテーブルやミキサーをそろえなければならない「必要」がなくなっているからです。

ターンテーブル全盛の世代じゃない人たちにとって、ターンテーブルやミキサーまで用意するというのは合理的じゃないな、ということですね。

さて、そんな「デジタル技術が進歩し、ターンテーブルやミキサーに代わるシステム」とは何なのか、というと、それが「DJコントローラーシステム」なわけです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています