バンド・楽器・DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ギタリストが愛用するド定番歪み系エフェクター6選【保存版】

ギタリストが愛用するド定番歪み系エフェクター6選【保存版】

エレキギターにとって「歪(ひず)み系エフェクター」とは、音色を決定付けるための重要な機材のひとつです。

ギター本体はそのままに、バンドや曲調に応じて、さまざまな音色に変化させることが可能です。

主にギター本体とギターアンプの間につなぐことが多く、演奏中に足もとでON・OFFができるように大きめのスイッチがついてることがほとんどです。

さらに2つ以上のエフェクターをつなぐことで、さまざまなバリエーションを作り出すことが可能です。

自分だけのオリジナルサウンドを作ることは、ギタリストの醍醐味のひとつといっても過言ではないでしょう。

「オーバードライブ」と「ディストーション」の違いって?

エレキギター特有の派手な音を出すには欠かせない「歪みの音」の名称です。

どちらかというとオーバードライブはマイルドな歪み、ディストーションはより激しい歪みとされることが多いです。

歪ませる「手段」の違いではなく、歪ませる「目的」が違うんだと筆者は勝手に解釈しております。

つまり、結果的に歪んだ音が「オーバードライブ」であり、最初から歪ませることを目的としたのが「ディストーション」といった具合でしょうか。

楽器メーカーによっても呼び方はさまざまです。

ギターを始めて間もない頃は「なにを買ったらよいか分からない」ことが多いと思うので、以下を参考にしていただければ幸いです。

長年愛され続ける「ギタリスト歪みド定番エフェクター」6選

BOSS|SD-1 Super OverDrive

BOSS SD-1 Super OverDrive

世界中で定番で、今ではビンテージ機材にもなっている「OD-1」の直系の後継モデル!

ド定番です。

甘く、それでいてしつこくないミッドレンジを中心としたミドルゲインサウンドが特徴のペダルです。

アンプに音を伝える前にギターの信号レベルを上げる、ブースターとしての使っても効果的ですね!

BOSS BD-2 Blues Driver

BOSS BD-2 Blues Driver

【特集】プロギタリストも絶賛のおすすめオーバードライブ・コンパクトエフェクター BOSS BD-2

これもいわずと知れたブルースドライバー!

ピッキングやギター側のボリュームコントロールすることで、歪みの表情を多彩に変化させることができます。

クランチドライブの表現に最適です。

Ibanez TS9 Tube Screamer

Ibanez TS9 Tube Screamer

【特集】ギター初心者にもおすすめの歪みエフェクター。オーバードライブ Ibanez TS9 TUBE SCREAMER

おなじみのチューブスクリーマーシリーズ!

数多くのミュージシャンが愛用した世界的名機です。

ブースターやオーバードライブとして、真空管アンプとの相性は抜群!

Maxon OD820 Overdrive Pro

Maxon OD820 Overdrive Pro

マクソン入魂のオーバードライブ。

純日本製!

定番のサウンドはもちろんですが、これはトゥルーバイパス仕様なので、エフェクトOFF時でもノイズが増えたり、レンジが狭くなったりして音やせしてしまうことがありません。

ProCo RAT II

ProCo RAT II

【特集】ジェフベックでも有名なロックギターに人気のディストーション・エフェクター ProCo RAT2

RATは初代のものがビンテージエフェクターとなってますが、その後継機種です。

骨太のディストーションサウンドが特徴であります。

こちらもトゥルーバイパス仕様です。

Electro-Harmonix BIG MUFF

Electro-Harmonix BIG MUFF

【特集】ジミ・ヘンドリクスが愛したファズの名機。おすすめのギターエフェクター BIG MUFF

少し大きめの筐体(きょうたい)で、派手なディストーションサウンドが特徴です。

サスティーンの効いた轟音(ごうおん)を出しますが、歪みに硬い粗さがあります。

気になったらまずは楽器店で試奏しよう

歪みエフェクターはとにかく種類が豊富なため、最初のうちは迷ってしまいます。

まずは定番のモデルを中心にチェックし、実際に弾いて確認するほかありません。

まずは楽器店へいって弾き倒してください!

選ぶ過程がまた、ギタリストにとって楽しい一方で、悩ましい時間になるんですよね…。

京都の楽器屋・ギターショップ。おすすめ楽器店一覧

プロフィール

スタジオラグへおこしやす編集長・ギタリスト

中尾きんや

地元京都です。

バンド活動、PA音響やレコーディングエンジニア、スタジオ店長などを経て、現在は「スタジオラグへおこしやす」の編集長を担当しながら、(株)ラグインターナショナルミュージックの執行役員として日々奮闘中。

今までは関西を中心に音楽業界にどっぷりな毎日を送っていました。

そこでは楽しさもありつつ、時には苦悩もあり、正直日々試行錯誤な20代でした。

現在は30代半ばですが、若いスタッフとともにここで音楽情報を発信しています。

執筆してくれているのは、現役バンドマンにミュージシャン、全国の音楽講師のみなさん、音楽関係のお仕事されている方やスタジオスタッフに、普段は音楽を専門としない人までさまざまです。

音楽活動のヒント、そして音楽初心者の方へ向けて発信し、多くの世代に読んでいただけるメディアを目指します!

人気音楽雑誌YOUNG GUITARでも執筆経験あり。

趣味はギターと料理とネットサーフィンとか。

好きな音楽は「ギターがかっこいい曲」です。

将来の夢はプライベートスタジオを創ること。

Twitter:kin_kinya

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

こんな記事も読まれています