Vocaloid@RAG
ボカロをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|130 view

VOCALOID 5で米津玄師の「ドーナツホール」をカバーしてみた

今回は2018年に200万ダウンロードを超える大ヒットとなったLemonの作曲者である米津玄師がボカロP、ハチ名義でリリースした「ドーナツホール」をVOCALOID 5でカバーしてみたいと思います。

これまでVOCALOID 5の標準付属ライブラリであるKaori、Amy、Chrisと3つのライブラリを使用してきましたが、今回は4つ目の付属ライブラリであるKenを使用して男性ボーカルバージョンとして作成してみました。

ハイテンポなロック

「ドーナツホール」はアップテンポなロックナンバーです。

原曲はVOCALOID GUMI(メグッポイド)が歌っています。

独特でキャッチーなメロディラインが印象的でカラオケや歌ってみたでも大人気の楽曲となっています。

勢いを感じる曲ですが、原曲のボーカロイド歌唱はフラットな歌い方で、ボーカロイドらしい使い方と楽曲の不思議な魅力を醸し出しています。

米津玄師名義のアルバム「YANKEE」には本人によるボーカルバージョンも収録されています。

今回は男性ボーカルのKenを使うので、どちらかと言えば本人歌唱のバージョンに近づくかもしれません。

まずはざっくりと入力、しかし……

「ドーナツホール」はpiaproにオフボーカル音源が公開されています。

ボーカロイド関連のオフボーカル音源は、ニコニコ動画のニコニココモンズやpiaproに公開されているものを使わせてもらいましょう。

好きな曲や有名な曲を打ち込んでみるだけでも、使い方の練習になります。

DAWに音源を読み込んで、まずは旋律を聴いた通りに打ち込んでいきます。

歌詞を音符に順次当てはめつつ、再生して確認をしながら作業を進めますが、今回はここで問題が……。

標準の状態でうまく歌ってしまって、手を入れなくてもいいんじゃないの?という状況になってしまいました。

「普通に入力すれば奇麗に歌ってくれます」だけでは何の説明にもならないので、重箱の隅をつつきに行ってみたいと思いますが、VOCALOID 5はいい音源だなあ、と改めて感じました。

気になる方は調整したvprファイルを配布しようと思いますので、読み込ませて試してみてください。

はじめてVOCALOID 5を使う方はぜひベタ打ちからスタートして、気になるポイントにAttack・Releseエフェクトを使用する入力からはじめてみてください。

簡単な所からはじめて、コツをつかんでから細かい所を調整していく方が基本となる調整の勘どころをつかみやすくなると思います。

アクセントやサビの強調

前回・前々回の作成でも使用しましたがExciterでアクセントをつけていきます。

持ち上げる場所と下げる場所の勘どころとしては拍の頭、歌い出しなどのアクセントを上げて「む」や「ん」などの音は下げる方向の調整をすると日本語の緩急に比較的簡単に近づけられます。

アクセントと合わせて歯切れの良さをつけたい時はVelocityを上げて、それでも歯切れの良さが出ない時は音符の長さを少し削るとスピード感が出たりします。

短くしすぎると促音(っ)になってしまいます。

「ドーナツホール」のようにテンポが速い曲の場合、大胆にパラメータを触らないとはっきりしない変化になってしまうので、聴いて変化を確認しながら丁寧に調整をおこなってみてください。

おすすめの記事あわせて読みたい