Drum@RAG
ドラムをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:28,150 view

ドラム練習を充実させる方法

「ドラム練習に必要なグッズってなにがあるの?」

「ドラム練習を充実させるためには?」

練習をサポートする目線でいくつか紹介します。

ドラム以外の楽器パートの方にも参考になれば幸いです。

個人練習の時間を「いかに充実させるか」が重要

ドラマー

http://tavistocktutors.com/blog/drum-lessons/

ドラムは練習すればするほど、叩けるようになる楽器です。

スタジオスタッフとしても感じるのですが、個人での練習を頑張ってるドラマーは、その成果がライブやレコーディングに顕著に現れます。

ライバルと差をつけるには地道な練習、そしてその練習時間を充実させることが大切になります。

ドラム練習にはバンドメンバーの協力・理解も必要となってくる

ドラム練習

http://www.wikihow.com/Play-Basic-Drum-Beats

曲を覚えることはもちろん、音の強弱・テンポキープ・テクニックを活かしてドラムプレイするには、実際のドラムセットで何度も反復練習しなければなかなかクリアできません。

掛け持ちバンドで活動されているドラマーの中には、限られた時間の中でたくさんの曲を覚えないといけない方も多いと思います。

練習できる環境も限られているので、ドラムの練習は孤独な戦いになりがちなのです。

そんなプレッシャーの中、練習のモチベーションをキープし練習を効率よく行うためには、バンドメンバーの理解や協力も必要となります。

例えば…

  • リズム隊(ベーシストなど)と練習する
  • 他のパートがドラム練習を見学しにいく
  • 譜面、スコア、音源の事前準備をする
  • バンドリハーサル前は、ドラムの個人練習の時間をつくる…など

ドラマーにとっては、このようなサポートも心強いものだと思います。

ドラム練習で揃えておきたい、アイテムやグッズ

まだ持っていないものがあれば揃えておきましょう。

ドラムスティック・ケース

ドラムスティック

http://blogs.yahoo.co.jp/kenshiro3500/folder/488913.html?m=lc&p=5

これは必須のアイテムです。

万が一に備え「替えのスティックがない!」とならないためにも、使い慣れているスティックの予備は常に持っておくようにしましょう。

チューニングキー

チューニングキー

http://www.amazon.co.jp/tag/チューニングキー/products

ドラムのセッティングの際には必需品です。

1個300円くらいから楽器屋さんで購入できます。

メトロノーム

メトロノーム

http://blog.livedoor.jp/ongaku2ch/archives/24680806.html

基準となるクリック(リズム)に合わせることで、テンポキープの練習になります。

音楽スタジオでもレンタルできます。

参考:音楽スタジオで無料レンタルできる便利グッズ25選

インナー型イヤホン

インナー型イヤホン

http://spec-computer.co.jp/news20130326/

クリックや音源を聴きながら練習で使えます。

耳へのストレスを緩和できるよう、できるだけケーブルが長いものを選ぶようにしましょう。

ヘッドフォンアンプ

ヘッドホンアンプ

http://store.shimamura.co.jp/shop/g/g4033653011051/

イヤホンから出力しているクリック音よりドラムの生音が勝ってしまうことも多いと思います。

ヘッドフォンアンプをイヤホン前に繋ぐことで、しっかりした音をモニターできるようになります。

音楽プレーヤーをミキサーに繋ぐケーブル(長いタイプ)

ケーブル

http://www.amazon.co.jp/ハイパーツールズ-3-5mmステレオミニプラグ⇔RCA-赤・白-ケーブル-SMP-RCA-2M/dp/B0028WIE7O

音楽スタジオで練習する時にはスピーカーから音源を流しながら確認したり、同期させたりすることが多いのではないでしょうか。

音楽プレーヤーなどをミキサーに繋く際、少し長めの3.5mmステレオフォーン-RCAピン(LR)のケーブルがあると、プレーヤーを手元で操作できるので便利です。

おすすめの記事あわせて読みたい