- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

マンションでの電子ドラムの騒音振動対策

前回「初心者でもわかる電子ドラムの概要」の記事で、私の友人Yから「電子ドラムのなんたるか」を教授してもらった訳ですが、その彼が最近住んでいるマンションに電子ドラムを設置したようです。

しかし、マンションなどの集合住宅に電子ドラムを置く場合、やはり騒音や振動が問題になります。

そこで今度は、Yが実際に集合住宅に電子ドラムを導入した方法をご紹介いたします。

この方法により振動や騒音はかなり軽減できるので、これらの問題で電子ドラムの導入に乗り出せない方必見の内容となっております。

騒音・振動について

電子ドラム

http://o-dan.net/ja/

電子ドラムの打音については扉や壁を1枚を隔てるだけでほぼ気にならない程度になるので、結局は床や壁を伝わっての振動による影響が最大の弊害となります。

そこで今回は、バランスディスクを採用した「ディスクふにゃふにゃシステム」を導入して振動を減らす方法について重点的に解説させていただきます。

ふにゃふにゃシステムについて

タイヤふにゃふにゃシステム

ふにゃふにゃシステムとは、当初自転車などのタイヤチューブを膨らませたものを床と電子ドラムの間に咬ませ電子ドラムをフロートさせた状態とし、床への振動の伝達を拡散・抑制する目的で考案された防振台です。

用いる資材が比較的安価で導入できることもあり、ドラマー界では有名です。

上記の通り、タイヤチューブを用いることから「タイヤふにゃふにゃシステム」と呼ばれています。

ディスクふにゃふにゃシステム

タイヤチューブではなく、ダイエット・エクササイズ・体幹強化の目的で利用されるバランスディスクへ切り替えたものが「ディスクふにゃふにゃシステム」と言われます。

タイヤチューブよりもより防振効果が高く、導入コストがそこまで変わりません

もともとダイエット目的の商品であるため、耐加重も1つあたり80kg~100kgあることから申し分ないと言えるでしょう。

購入資材内訳

購入資材は、Amazonなどのネット通販や、ホームセンターなどでそろえることになります。

物によってはネット通販とホームセンターで値段の差も出てくるので、より安くそろえたい方は両方見てみるのが良いでしょう。

下記に記載する商品リンクはあくまで参考として記載しています。電子ドラムのサイズなどによって大きさが変わってくるものもあるので、ご自身の環境に合った資材を選んでいきましょう。

1.  バランスディスク

2. 風呂マット

1枚あたり500円程度×2枚

3. 合板

1枚あたり1,500円程度 ×1枚(ホームセンターで必要な大きさにカット)

サイズは電子ドラムを乗せて多少余裕がでるくらいが良いでしょう。

※注意!:ただし、後述する問題点の影響によりスツールは防振台に乗せないので注意が必要です。

4. ゴムマット

1枚あたり3,000円~4,000円程度 ×1枚(Amazonが最も安価で購入可)

大きめのサイズを購入してカットします。

上部だけでなく側面も補える大きさを購入した方が見栄え良くなります。

またカットした不要な部分を、特に振動の伝わるポイントであるキックペダルやハイハットペダルの下に重ねて利用するとより効果的です。

こんな記事も読まれています