- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

初心者DTMerからお金の無駄なく最速で最高装備クリエイターになるためのお買い物ガイド【オススメ機材】

DTMを始めたての方におすすめの機材をご紹介します!

しかし、今回は初心者向けの安い機材ではなく、今後も長く使える使える本格派の機材をご紹介します。

はじめに

DTMおすすめ機材

よく初心者が3万以内でそろえるなら……といった企画はよく目にします。

当ブログでも最初辺りからそういった記事をいくつか書いてきました。

エレキギター&ベース初心者がまず手に入れるべきオススメ周辺アイテムはこれ!!

DTM/宅録初心者がまず手に入れるべきオススメ機材・ソフト【歌ってみた/演奏してみた】

ただ、それらの機材って長く使えるものも多数あれば、やっていくうちに買い換えるような機材も多いんですよね。

じゃあ逆にもっと予算出すから、散財の寄り道なく真っすぐ装備を固めたい……となった場合何を買っていけばいいのか。

今回そんな疑問に応えるべく記事にしてみました。

ご意見や情報等あればこちらのアドレスまでどうぞ。

med@yuk717.com

その1.Mac

Mac

まずMac。

なぜなのか。

フリーソフトなんかはWinの方が多いって聞きますよね。

その理由は「フリーソフトを使ったり作ってる人がWinユーザーが多いから」。

じゃあ逆にプロやクリエイターは何使ってるかというと、もちろんWinユーザーもたくさんいますが、Mac使用者が多い。

となるとプロ向けのちゃんとした機材だとMacなら対応してるといったことが結構多いんですよね。

後述のUniversal Audio製のオーディオインターフェイスやUAD-2等も、最近は少しWinも対応してきましたが、Macじゃないと使えませんでした。

後述のUAD関係の機材を使うという部分でも、DTMにおいてMacを使って困ることは特にありません。

ただ、国内の開発者なんかはWinユーザーが多いので、例えばVOCALOID音源は最初Macに対応してませんでしたし(現在は問題なく使える)、今でもぼかりすというソフトはMacに対応してません。※2017年現在

問題として上げるとすればこの程度です。

安定性もかなり高いので、そういった理由でもライブ等でよくMacBook Proが使用されていますよね。

自分はメインの制作用にiMac 5K、外でのレコーディング用にMacBook Proを使用しています。

中田ヤスタカさん、banvoxさん始め、最近では特にクラブミュージックを制作している人たち等でiMac / Mac proのようなデスクトップタイプでなく、MacBookを制作のメインに置いているプロミュージシャンも多数見かけます。

Apple Mac 公式サイト

Amazon Apple Store

こんな記事も読まれています