人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

簡単にできるエフェクターボードの配線のコツ

エフェクターボードを構築する上で配線を処理することは避けて通れません。

「一応音は出ているし、配線し直すのもめんどくさい……」と思い、そこそこにケーブルをまとめて終わらせている人も多いかと思います。

しかしちょっとしたコツさえつかめれば簡単に配線をまとめられます。

あなたの悩みを解決するパッチケーブル、お作りします。

パッチケーブルと電源ケーブルは近づけすぎない

よくあるパターンとしてあるのが、きれいにケーブル類をまとめたいがためにパッチケーブルと電源ケーブルをまとめてしまうパターンです。

しかし、ピッタリくっつけて配線してしまうと電源ケーブルのノイズをパッチケーブルが拾ってしまい、ノイズがのる原因となってしまいます。

スペースの制限があるのでどうしても並列してしまう場合もありますが、極力電源ケーブルと音声ケーブルはしっかりと離して配線しましょう。

どうしても電源ケーブルと音声ケーブルが接触してしまう時は垂直に配線するようにします。

パッチケーブルの長さは少し余裕を

パッチケーブルの長さには少し余裕を持たせておきましょう。

あまりにピッタリすぎるとエフェクター同士が振動を拾ってしまいノイズの原因になりますし、ジャックやプラグに負担がかかってしまいます。

逆に長すぎてもグランドループを作ってノイズを拾ってしまいます。

少し余裕を持たせて、たるみができる程度の長さで配線するのがよいでしょう。

小型プラグのパッチケーブルがあれば配線はもっと楽になりますのでおすすめです。micro patch cable L-L

micro patch cable L-Lmicro patch cable S-L

micro patch cable S-L

DCケーブルはしっかり固定する

パッチケーブルとは逆にDCケーブルはしっかりと固定させる必要があります。

DCケーブルのプラグはパッチケーブルのプラグよりも外れやすい形状だからです。

ベルクロテープだけで処理せずに、タイラップとタイラップベースを使いしっかりと固定しておきましょう。タイラップベース

tie wrap base(タイラップベース)

DCケーブルも太さがしっかりしたものをおすすめします。

Ex-proのDCケーブルはリーズナブルながら安定した配線ができるのでおすすめです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています