人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

「エフェクターの切り替え」練習していますか?

ギターやベースをやっている方なら必ずといっていいほど使用されているエフェクター

ライブなどでも使用されている人は多いのではないでしょうか?

音色の切り替えも演奏の一部

エフェクターはギターで演奏された音(電気信号)に効果を与え、さまざまな音色へ変化させる音響機材です。

ギタリストにとっては、エフェクターはあたりまえのように「足下においてリアルタイムで操作する機材」として使用されていると思います。

コンパクトエフェクターを複数つないでいる人も多いと思いますが、同時にすべてのエフェクターをONの状態にすることはまれで「使用したいときにエフェクターをONにする」というのが基本的な使い方です。

両手が塞がっているギタリストやベーシストが操作しやすいように足踏み式のスイッチペダルで、エフェクト効果のon/offを切り替えられるようになっていたり、各種パラメーターを直感的に操作しやすいように設計してある。

また、運搬時の利便性や楽器演奏時の荒っぽい扱いを考慮して、小型化かつ堅牢化されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/コンパクトエフェクター

曲によっては、このON/OFFによる音色変化がないと、楽曲の展開が成立しないこともあります。

そしてその操作は、演奏しているギタリストによっての操作が基本になります。

エフェクターの踏み替えが、ステージを左右する

エフェクターの踏み替えが、ステージを左右する

http://lucka.jp/

楽曲を華やかにするためにはエフェクターの存在が欠かせない、つまりエフェクターの操作も欠かせないのです。

どんなに高価なエフェクターやベストな音色が出るエフェクターでも、自分のギタープレイとしっかりリンクさせないとその効果は台なしになってしまいます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています