人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ジミ・ヘンドリクスが愛したファズの名機。おすすめのギターエフェクター BIG MUFF

electro-harmonix BIG MUFFは、マイク・マシューズという人物が立ち上げたelectro-harmonix社が1971年に発売したファズペダルです。

ジミ・ヘンドリクスがプロトタイプを愛用したことにより、BIG MUFFはelectro-harmonix社の代表的な商品となりました。

以後、BIG MUFFはカルロス・サンタナやカート・コバーンにも愛用され、現在に至るまでファズペダルの代表的存在であり続けています。

飛び道具的?

ただ、近年においてファズは歪系エフェクターの中でも飛び道具的な存在として見られたり、音の粒の粗さから最新の音楽にはややマッチしにくいと思われがちです。

実際、最初に購入する歪系エフェクターには、ファズではなくオーバードライブやディストーションを選ぶ方が大多数でしょう。

しかし、BIG MUFFは飛び道具としてだけでなく、メインの歪系エフェクターとして使うこともできます。

まずここで、BIG MUFFの基本的な操作方法をご説明いたしましょう。

BIG MUFFのツマミは右側からSUSTAIN、TONE、VOLUMEの順に並んでいます。

BIG MUFF コントロール

BIG MUFF コントロール

SUSTAINは、ほかの歪系エフェクターでいうところのGAINです。SUSTAINのツマミを右に回すと回路に入力される信号が大きくなり、音が歪むと同時にBIG MUFFの特徴でもあるサスティーンが増大します。

TONEは、基本的には音の硬さを決めるツマミです。

右に回すほどに低音域がカット

ただ、BIG MUFFの場合はツマミを右に回すほどに低音域がカットされるという特徴を備えており、TONEツマミの調整次第で図太いサウンドから60年代風の荒々しいサウンドまで演出できるようになっています。

VOLUMEは、文字通りアンプに出力する音量を決めるツマミです。

右に回すほどに出力が大きくなります。

このように、BIG MUFFのツマミは基本構成が一般的なオーバードライブなどと同じながらも、独特の機能やクセを有しているのが特徴です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています