スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ギターでエレピの音が出せるエフェクター! Electro-Harmonix KEY9 エレクトリックピアノ・シミュレーター

「ギターでピアノの音が出せる!?」

今回は一風変わった飛び道具になるエフェクターを紹介します!

Electro-Harmonix KEY9(エレクトロ ハーモニクス キーナイン) とは?

Electro-Harmonix KEY9

前衛的なエフェクターを発表するElectro-Harmonix(エレクトロ ハーモニクス)社が送り出した、ギターを鍵盤の音に変換するというシミュレーターです。

過去にもこの類のエフェクターは発売されていますが、この機種は実戦に耐えられるトラッキングの速さと音の再現性が特徴です。

鍵盤シミュレート三部作の最後の一つとなります。

B9、C9はオルガンの一機種を再現したものでしたが、この機種はエレピ全般をカバーしています。まさに集大成といえます。

歴史的な鍵盤の機種を9種類搭載していて様々なジャンルに対応出来そうです。

使用するときの注意としては、

  • 基本的にはリアピックアップを使用すること。
  • 7フレット〜12フレットあたりがホットスポットなので、このあたりで演奏するとうまく音が変換されます。
  • ピックよりもフィンガースタイルのほうがピアノらしさを出しやすい。
  • 他のエフェクターより前に接続する。

といったところでしょうか。

使用方法も演奏内容もアイデア次第でライブサウンドにいいアクセントを加える事ができると思います。

なにか変化がほしいというギタリストは要チェックですね。

各部ツマミ機能

KEY9 ツマミ

(左から右に)

VOL DRY

スルー音量をコントロールします。

ギターの音をミックスして使用する時はあげます。

鍵盤の音のみを使う場合や基本的には0にしておきましょう。

KEYS

鍵盤のシミュレート音をコントロールします。

基本的には12時に合わせることが推奨です。

CTRL1

このツマミはプログラムによって変化します。

主にエフェクトの量などをコントロールしていることが多いです。

CTRL2

同じくプログラムによって変化します。

主にエフェクトのスピードをコントロールしていることが多いです。

モデリング紹介

KEY9 ツマミ

DYNAMO

ローズピアノの伝説的な機種であるフェンダーローズ。

そのなかでもDYNA MYをイメージされています。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています