人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ピアノ初心者のための】「エリーゼのために」の練習方法

今回は、人気のピアノ曲「エリーゼのために」の練習方法についてお話ししましょう。

「エリーゼのために」の有名な頭の部分は、「なんとなく弾けている」という人はよくみかけますが、「なんとなく」の人が多いです。

拍子って?

指は速く動いている、音もリズムも間違っていないのに、かっこよく「エリーゼのために」が弾けていない場合があります。

この理由は拍子をわからずに適当に弾いているからです。

「音楽」になるにはやはり「拍子」が重要です。

拍子というのは音楽の中に流れる規則正しい拍(ビート)のまとまりのことで、2つずつのまとまりだと2拍子、4つずつのまとまりだと4拍子で「エリーゼのために」には8分音符を拍(ビート)とした3拍子です。

1小節に拍(ビート)である8分音符が3つずつ入っている8分の3拍子です。

楽譜としては、1小節に8分音符3つ分が入るということなので、16分音符だと6つ入るのです。

下の楽譜は「エリーゼのために」の頭の部分ですが、下に書いている「1・2・3」という数字が、拍子です。
エリーゼのためにこの拍子を感じて弾くと、ずっと曲らしく弾けるようになるのです。

弱起(アウフタクト)

「エリーゼのために」の場合、拍子以外にもう1つ注意することがあります。

それは、1拍目から始まらない曲だということです。

こういった曲のことを弱起の曲と呼びますが、「エリーゼのために」の場合、3拍目から始まって1拍目に向かっています。

3拍目は1拍目の準備の音でもあるわけです。

音楽はいつも1拍目から始まるわけではなく、最初の音が1拍目なのかそうでないのかでは、全く違った曲になり、弾き方も全く違うのです。

時々「エリーゼのために」の演奏を聴いて、アウフタクトの音になっていないと感じることがあります。

初心者でも、こういった曲の持つ特徴を理解して演奏すると、音楽的な演奏になりますので、まずは拍(ビート)を叩きながらメロディーを歌うなどして、曲らしさを感じるようにしましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています