DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

VOCALOID5を使って男声ボーカル曲の歌唱に挑戦してみた

VOCALOID5.2アップデータが公開されました。

若干の機能向上と付属ライブラリにもアップデートが入ったようです。

前回前々回もVOCALOID5を使用しての楽曲作成をおこなってみました。

強弱のニュアンスが従来のVOCALOID4よりも向上していることがわかりました。

今回は標準の男声ライブラリであるChrisを使用して男声ボーカル曲の歌唱に挑戦してみたいと思います。

今回選択した曲はBilly joelの名曲、「Honesty」です。

Billy joelの楽曲の中でもとくに日本で人気の高い楽曲です。

まずは歌わせてみた結果を聞いてみてください。

強弱の起伏に富んだバラード

「Honesty」は柔らかい歌い出しからラストのサビに向かって盛り上がっていく曲なので、ボーカルもそれに合わせて音量、抑揚ともに大きくなっていきます。

VOCALOID4では音量的な強弱表現についてはDynamicsで表現が可能でしたが、アクセントに弱いということは過去にも述べてきました。

今回の「Honesty」はただの抑揚だけでなく、サビ等で強くグロウルを含む歌唱などがあります。

こういった部分の表現は歌唱合成ソフトでは難しい部分でしたが、VOCALOID5でどこまで表現が可能なのか追究してみたいと思います。

調整の基本はExciter

DAWにオフボーカル音源を作成したらVOCALOID5の音源を立ち上げます。

VOCALOID5はVSTiに対応したシステムですので、VST対応のDAWであれば使用が可能です。

MacintoshのLogicなどのAUプラグインにも対応していますので、Windows・Macともに使用できる環境は多いです。

まずは1レーズごとにVOCALOID5 Editorでコンテナを作成し、メロディを打ち込んでいきます。

メロディを打ち込めたら歌詞を流し込み、パラメーターを調整していきます。

最初は原曲を聴きながらイントネーション、強弱について書き込んでいきます

Exciterパラメーターで聴いた感じの強弱を再現できるようにカーブを書きます。

思ったようにならない、なんか違う……と感じる時は、自分で口ずさんでみてどこにアクセントがあるか確認し、Altキーを押してアクセントのある音節がどこにあるか確認していくと調整がしやすくなると思います。

VOCALOID5

音程やクレシェンドで声を変化させる

高い音程に飛んだ場合の声のうわずり(音程ではない)や低いロングトーンでクレシェンドして声が太くなるような表現は、Characterパラメーターを変化させることで再現ができます。

サビの高い音程の部分では、必ずCharacterパラメーターも高くして声色を変えるようにし、原曲の歌唱に近づける努力をしてみました。

サビ導入前やサビ終わりのロングトーンは、逆にCharacterパラメーターを下げる部分を入れて声の太さを増すようにしています。

Exciterと合わせてCharacterパラメーターを調整していくことで、より繊細な表現に近づくことが可能になります。

フレーズサンプルを活用する

VOCALOID5には大量のフレーズサンプルが付属しています。

今回もブレイク部分の「oh ooh」というフレーズの部分は、フレーズライブラリから近い歌唱のフレーズを取り込み、音程とアクセントを調整して挿入しました。

アクセントや特徴的な歌いまわしなどの癖、発音記号の使い方などの参考としてもフレーズライブラリは非常に便利です。

とくに初心者でどうしたらいいかわからない人は、フレーズライブラリからフレーズを引用して中身を確認してみると参考になると思います。

前回の記事で作成した楽曲の歌唱データも配布していますので、よろしければ活用してみてください。

VOCALOID 5とIAでStarry Lovers

こんな記事も読まれています