人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

音符が身に付くリトミック。栗と落ち葉で遊んでみよう!

「ピアノで大好きなあの曲を弾きたい!」「バイオリンでかっこいい曲を弾いてみたい!」

そう思って、いざ楽譜を見てみると……「音符の長さやリズムが全然分からない」と、楽譜の前で途方に暮れたことはありませんか?

リトミックで音符を理解できる

音符

http://o-dan.net/ja/

楽譜を読もうとして誰もが一度はぶつかる壁、それは音符の理解。

これが分かっていないととても楽譜は読めないし、いつまでも弾きたい曲を弾けるようにはなりません。

なので、音楽をやろうとする人はみな楽譜を読む努力、そして音符を知り、理解する努力をするわけです。

そこで、リトミックではさまざまな音符を楽しい遊びに変身させて、遊びながら音符が分かるようにしていきます。

楽しく遊びながらだとお子さんは自然にたくさんの音符を覚えていき、いざ本格的に音楽を始めた時もスムーズに楽譜が読めるように!

早いうちからさまざまな音符を聞き、慣れ親しんでおくと、その分、身に付くのも早くなります。

ぜひ本日ご紹介するリトミック動画を使って、おうちでも楽しく遊んでみてください!

自然と3つの音符が聞き分けられるようになりますよ!

栗と落ち葉で遊んでみよう!

わたしの教室では作り物の栗(くり)と落ち葉を用意して、

「どっちの音か分かったら拾ってきてね!」

と床に置きます↓

作り物の栗(くり)

作り物の落ち葉

これはレッスンの雰囲気を盛り上げるためと、子どもたちの集中力を上げるために用意しているものなので、なければなくてもOKです。

もしくはもっと簡単に、栗と落ち葉のイラストを描いた紙を用意するなどでも、子どもは十分楽しんでくれると思いますよ!

それでは、こちらが今回のおうちリトミック動画です。どうぞ↓

さて、おうちリトミック動画では栗と落ち葉のアニメーションを入れていますが、分かりやすく解説をすると、

栗のメロディは8分音符で弾いています。

こうです↓

栗のメロディ(8分音符)

そして、落ち葉のメロディは3連符。

こうです↓

落ち葉のメロディ(3連符)

これを、動画に入れているアニメーションのように

  • 栗のメロディ → 上下に屈伸運動
  • 落ち葉のメロディ → 左右に横揺れ

すると、8分音符と3連符の性質の違いを体で感じることができます。

ちなみに、体を動かしながら

  • 栗なら「く・り♪ く・り♪」
  • 落ち葉なら「お・ち・ば♪ お・ち・ば♪」

とピアノの音に合わせて唱えると、より音符の違いが分かりやすくなっていいですね!

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています