Kids@RAG
子供ともっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|35,995 view

お正月に家で盛り上がるゲームまとめ

「お正月ってどこに行っても混んでいるから出かけたくない!」

「親戚が集まる機会だから大人は家でゆっくり話したいけど、子どもたちは退屈してしまう!」

毎年お正月ってそんな風に悩んでいませんか?

そこで、せっかく大人数で集まる機会だからこそできる遊びや子どもも一緒に遊べる遊びを紹介しますね。

昔から親しまれているお正月にちなんだ縁起のいい遊びや、準備物がいらない遊びも紹介しているので、ぜひ実際に遊んでみてくださいね。

子どもだけでなく、大人も懐かしくて楽しめる遊びが盛りだくさんです!

お正月に家で盛り上がるゲームまとめ

福笑い

「笑う門には福来る」ということわざがあるようにお正月にみんなで笑ってその1年の福を招こうといったところからお正月の遊びとして定着した福笑い。

顔の絵輪郭のみが書かれた紙に目隠しをして顔のパーツを置いていく、そしてでき上がったおかしな顔を見て笑うというシンプルかつ楽しい遊びです。

めんこ

地面に並べためんこに上から別のめんこを打ち付けてひっくり返したら勝ちというシンプルなルールの遊びです。

最近ではなかなか目にする機会が減りましたが、久しぶりにやってみると新鮮でおもしろいのではないでしょうか?

かつては野球選手や力士、映画スターなど男の子の憧れる人物たちが描かれたものが多く作られており、今ではコレクションとしてそれらを集めている方もいらっしゃいますよね。

たこあげ

たこあげはお正月だけでなく、スポーツカイトなど競技としても普及している江戸時代から続く遊びです。

お正月の遊びというイメージが定着したのには諸説あるようですが、自分たちの願い事を乗せて天に届けるという新年の始まりらしい意味を持っているようですよ。

坊主めくり

百人一首の絵札のみを使って遊ぶ遊び方です。

絵札を一束にしてそこから1枚ずつ順番に札を引いていきます。

男性の札なら手元に、女性ならもう1枚引けます。

そして坊主(お坊さん)の札が出たら手元にためていた札をすべて戻さなければなりません。

最終的に最も多くの札をためた人の勝ちという遊びです。

簡単なルールですが盛り上がりますし、小さなお子様と遊ぶ際にもオススメです。

百人一首

江戸時代からお正月の遊びとして定着していたという百人一首。

絵札に書かれた和歌を読み上げ、その和歌の下の句のみが書かれた取り札を取り合うというシンプルなルールですが、和歌を覚えているほど早く取ることができるので、遊んでいるうちに教養が身につく遊びです。

花札

映画「サマーウォーズ」でも登場した花札。

札で役を作って早く上がった方が勝ちというルールですが、運と戦略が必要になります。

江戸時代から伝わる遊びですが、今なおお正月には親戚で集まって花札をするというご家庭も少なくないのではないでしょうか?

麻雀

中国が発祥の4人でプレイするボードゲーム。

運と想像力、戦略が重要な遊びです。

大学生から大人を中心に大変人気がありますね。

お正月にはおじいちゃん、親戚のおじさん、お父さんなど、大人の方たちとの勝負をしてみてはいかがでしょうか?

将棋

日本の遊びの代表格を担う将棋。

それぞれの駒の動かし方を覚え、戦略を練って相手の王将を奪いましょう。

最近では、将棋の名人がテレビやネットで話題になることも多く、再び将棋がポピュラーな遊びになってきているのではないでしょうか?

お正月におじいちゃんと勝負!なんてのもすてきです。

オセロ

ボードゲームの王様オセロ。

白と黒の石を使い、相手の石を挟めばひっくり返して自分の色にできるというシンプルなルールながら、奥が深く、何時間でも続けられるゲームです。

頭を使うので、脳トレにも最適です。

誰でもできるゲームなので親戚同士で集まった時にトーナメントで優勝を決めるのもおもしろいかもしれませんね。

お手玉

大道芸でもよく目にするお手玉。

昔は自分たちで布を縫って小豆や大豆を入れて作っていました。

また遊ぶ時には自然と正座をして姿勢が良くなるため、昔から裁縫と行儀作法が自然と身につくとして、女の子の遊びとして祖母から孫娘へと伝承される遊びでした。

おすすめの記事あわせて読みたい