ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
Fender-TWIN-REVERB

元祖クリーンサウンド・真空管ギターアンプ Fender Twin Reverb

TWIN REVERBは言わずと知れたFender社による全真空管のギター・アンプです。

Fenderギターが得意とするクリーンサウンドを第一に考えて作られており、特にジャズやフォーク等のジャンルを奏でるギタリストに好まれています。

Fenderサウンドといえばこのアンプのイメージが強いのではないでしょうか。

Fender TWIN REVERBの歴史

60年代になり、大きな会場でのエレキギターの演奏が一般化し様々な会社が高出力アンプの発売を始めました。

それに応じてFender社も高出力アンプの開発を始め、12インチのスピーカーを二発搭載した大型のアンプを発表しました。

それが今回ご紹介するFender TWIN REVERBです。

Fender TWIN REVERBは60年代に生まれ、そこから90年代にかけて、ブラックフェイス・シルバーフェイス・ツインリバーブⅡ・レッドノブツイン・’65リイシューと幾度も改変をされてきました。

各モデルの特徴は以下の通りです。

ブラックフェイス

1963年に発売されたTWIN REVERBの最初期モデル。

当時の出力は85Wでした。

TWIN REVERB

http://simasimaguitar.blog.fc2.com

シルバーフェイス

1968年発売開始。

ブラックフェイスでは黒だったパネルが白に変更されました。

1977年からは出力が135Wに変更されました。

TWIN REVERB

http://www.watanabe-mi.com

ツインリバーブⅡ

1983年発売開始。

出力は105Wになり、外装はブラックフェイス時代のものに原点回帰しました。

twin-II

http://www.rueckkopplunghamburg.de

レッドノブツイン

1987年発売開始。

25Wと100Wの出力に選択が可能となりました。

正式な品名は「THE TWIN」ですが、ノブが赤いことからレッドノブツインという愛称で親しまれています。

Fender The Twin Red Knob

http://en.audiofanzine.com

’65リイシュー

1992年発売開始。

1965年の最初期モデルのの外装と85W出力8ΩのジェンセンC12Kスピーカーを使用しています。

65リイシュー

http://www.fender.jp

’68 CUSTOM TWIN REVERB シルバーフェイスリイシュー

2013年発売。

「シルバーフェイス」のルックスですが当時の仕様を復元したリイシュー・モデルではなく、むしろ積極的に仕様変更を行ったヴィンテージ・モディファイ・モデルとして登場しました。

68 TWIN REVERB

http://www.fender.jp

上質なクリーンサウンドが特徴

Fender TWIN REVERBといえばやはり上質なクリーンサウンドです。

大きな会場で演奏する場合、ボリュームが上がるのと同時に歪みも上がってしまうということが多々有ります。

しかしこのアンプは、クリーンサウンドのままボリュームを上げることができるというのが特徴です。

そのためエフェクターのノリもよく、エフェクター中心でサウンドを作るというギタリストにも好まれています。

こういった仕様のおかげで、歪みエフェクターの開発が進んでいったという歴史もあります。

’65 TWIN REVERB デモ

使用しているギタリスト

Fender TWIN REVERBを好んでいるギタリストは以下のとおりです。

エリック・ジョンソン Eric Johnson

アメリカテキサス州オースティン出身のギタリスト。

ロックやジャズ、ブルースといった音楽を取り込み、それを消化した独特の曲調、プレイが大きな特徴。

グラミー賞を受賞した「Cliffs of Dover」などに代表されるように、美しいコード進行とメロディーの曲が多い。

Eric Johnson

http://nunonagoya.blog.fc2.com

こんな記事も読まれています