人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

文化祭・学園祭の食べ物・模擬店・屋台アイデア 100選

「今年はどんな模擬店にしよう?」

「みんなが喜ぶメニューにしたい!」

未経験の方でも手軽にできる定番の食べ物から、一風変わったご当地メニュー、縁日にも出てきそうな本格的な屋台まで、文化祭・学園祭で大人気の模擬店の飲食メニューをまとめました。

ぜひ、今年の文化祭・学園祭の参考にしてみてください!

もくじ

定番の屋台メニュー

たこ焼き

模擬店の定番といえば、やはり粉ものが不可欠だと思います。

中に入れる具もタコだけではなく(チーズ、コーン、お餅、梅肉、エビなど)変わり種を入れたらほかの味も楽しめます!

こだわりのだしを作って本格たこ焼き屋さんを目指してもおもしろそうです!

唐揚げ

文化祭、学園祭の主役は学生です。

唐揚げの屋台など出店しようものなら大繁盛まちがいなしです!

作り置きむずかしそうですが、きっとそんな暇もなく売れますよ!

フライドポテト

フライドポテトは小さいお子さんから大人の方まで幅広く支持される人気の食べ物です。

塩味以外にもコンソメなどさまざまなアレンジをすればより良いかもしれません。

安く大量に仕入れてそこそこの値段で売りさばきましょう。

チャーハン

学園祭では意外と見かけない気もします、中華の王道、家庭料理としても定番の一品です。

入れる具材にもさまざまなバリエーションがありますのでお手軽さと味のバランスを追求するのもまたおもしろいかもしれません。

火力が重要ともいわれますが、それを補う方法も研究が重ねられていますので、ぜひ調べてみていただきたいです。

串焼き

皮や軟骨もも肉ねぎま、いろんな種類を串で焼くだけの簡単な作業です!

塩とタレで選択肢を作り、さらにバリエーションを増やし選択するという楽しみを客様に提供できる良さもあります。

焼きそば

文化祭・学園祭でお腹がすいたあなたはどこのお店を見ますか?

甘味、変わりダネも良いですがやっぱり定番ははずせませんよね。

若者のお腹をがっつりと満たしてくれるのはやはり王道、焼きそばでしょう。

トッピングでオムそばにしたり、味もソースだけではなく、塩焼きそばなども試してみると良いかもしれませんね。

はしまき

はしまきといえば、お祭りの屋台でも定番の食べ物ではないでしょうか。

箸に巻いたお好み焼きのような食べ物ですが生地が薄いので、お好み焼きとはまたちがう味わいです。

また箸に巻かれているので持ち運びもしやすいですね。

肉巻きおにぎり

ただのおにぎりにひと手間、お肉を巻くだけで、購買意欲がグンと増します。

用意の手間もそれほどかからず手軽な一品ですが、種類を用意するのがややむずかしいので、なにか別のメニューも用意して、セットで売っても良いかもしれませんね。

肉まん

持ち帰り、食べ歩きには最適の食べ物ですね。

生地から作るのはなかなか手間がかかってしまうものですが、定番の肉まんのほかにピザまん、あんまん、カレーまんなどさまざまなバリエーションが作れるのも楽しいのではないでしょうか。

山賊焼き

山賊焼き、名前がすごくワイルドで、料理としてもワイルドです。

鶏肉に照り焼き風のタレとスパイスなどをかけ焼くだけのシンプルな料理です。

骨つき肉を使えば持ち歩きも可能で、作り置きもある程度なら可能ですので模擬店にはぴったりです。

きっと昼過ぎには完売してしまいますよ。

お好み焼き

材料もシンプルで簡単に作れますが、名称を「広島焼き」や「広島風お好み焼き」にすると大阪府民と広島県民の熱い戦いがはじまるので注意です!

チヂミ

お好み焼きはほかのお店と品目が被りがちですが、チヂミは他店と被ることが少ないこともあり、おすすめです。

手軽に調理できるうえ、味のバリエーションが工夫次第でいくらでも増やせる点や、切り分けで量を調節しやすいのも◎です。

豚汁

寒い時期ならあったかい豚汁がおすすめです。

汁物はライバルも少なそうです。

具材を切ったり調理する手間がありますが、クラスやサークルの仲間と協力しておいしい豚汁ができれば喜びもひとしおです。

これぞ文化祭の醍醐味というものです。

もつ煮込み

もつ煮こみ、それは煮こめば煮こむほど味がしみておいしくなるという、まさに出店にはぴったりなメニューなのです。

もつ、こんにゃく、好きなものを入れて煮こんであげましょう。

味の研究はしっかりしていきましょうね。

七味、山椒などもかけられるように置いておきましょう。

シチュー

学園祭が行われる時期は学校によってまちまちですが、11月にもなると夕方にはコートを着ていても寒いこともしばしばですよね。

体が冷えているときに出くわすシチューの出店ほど、魅惑的なものはありません。

学園祭が遅い時期の場合は特におすすめです。

おでん

おでんの具材はかなり豊富なので凝るのもおもしろいですし、レトルトならば冷やしおでんもあり、暑さ、寒さに臨機応変に対応できます。

また大学ならば地方出身の人も多いので地域ごとの変わりダネをたくさん作ってご当地おでん屋さんというのもおもしろそうです。

ハンバーガー

いまや日本人の生活になくてはならないものになったハンバーガーは、みんなでさまざまなアイデアを出しあいながら進めていくととても楽しいのではないでしょうか。

時期も選びませんし、人気が出ることはまちがいなしです。

原価も自由に設定できるので実現可能性がとっても高いです。

ピザトーストサンド

食パン二枚でピザの具材をはさみ、ななめに切れば簡単に作れるサンドイッチ風です。

普通のピザだとどうしてもお皿が必要になり食べながら行動しづらいですが、これなら食べながらほかのお店を見て回れるしゴミも出ずエコです。

カレーライス

文化祭でも軽食だけではお腹がすく、という方向けにカレーライス屋台というのも良いのではないでしょうか。

屋台の部やクラスによってこだわりを見せてもおもしろいかもしれませんね!

流しそうめん

太めの竹が用意できれば「流しそうめん」はいかがでしょうか。

広い場所が確保できたら、プールにあるような回転スライダー式にしてみたり、何メートルにも長さを伸ばしてみるなどすれば、注目を集めることができそうです。

くれぐれも衛生面には気をつけてくださいね。

汁なし担々麺

汁なしと銘打ちましたが本来担々麺は「担」いで売り歩いていたもので汁がないものが起源といわれています。

豚ひき肉に長ネギやニラ、ナッツを炒めて肉味噌状にし醤油や豆板醤、ニンニクで味を整えて麺にのせれば完成です。

肉味噌状なのであまりをタッパに入れて持って帰りやすいです。

お茶漬け

シンプルなやさしい味のものは、濃い味にかたよりがちな学園祭メニューの中にあると意外に重宝されるものです。

ご飯にお茶、ほんの少しの味付けをしたものをベースとして梅干しや鮭フレークなどで簡単に種類がつくれるうえに買う側にも選べる楽しさを与えられるメニューとなります。

じゃがバター

これほどシンプルでかつおいしく、人の心をあたためる食べ物があるでしょうか。

作業ももちろん簡単です。

必要なものは、ジャガイモ、バター、塩など。

プラス20円でとろけるチーズをトッピングサービスもしてみてはいかがでしょう。

チゲ鍋

とくに寒い時期におこなわれる場合、豚汁とならんでおすすめできる模擬店の品物としてあげられます。

スパイシーなチゲ鍋を出すことであたたかさだけでなく、からさによっても体をあたためることができるので、おすすめです。

近ごろは鍋スープの材料が簡単に手に入るので簡単に作ることができるので、調理の面でもおすすめです。

ホットドック

手軽に作れておいしい!

シンプルにウィンナー、キャベツをはさむのもおいしいのですが、キャベツをカレー粉で和えて味つけするだけでさらにおいしくなります!

ぜひ試してみて下さい!

ほかにもミートソース、スクランブルエッグなどもトッピングしてみてもおいしそうです!

参考:ホットドッグのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

串カツ

大阪・新世界はもう「串カツのテーマパークかっ」とつっこまれそうなくらい串カツ屋がならんでいます。

外国人客にも人気があって、評判のお店は長蛇の列です。

そんな人気にあやかって串カツの屋台はいかがでしょうか。

もちろん、二度づけは禁止です!

イカ焼き

お祭りの人気メニュー!

焦がし醤油が香ばしくてたまりません。

イカの姿丸ごとこんがり焼いた大きなものから、イカの輪切りやゲソなどサイズもいろいろとあるので、お腹のすきぐあいと相談ですね。

焼きとうもろこし

バーベキューの定番焼きとうもろこしですが文化祭や学祭の模擬店でもいかがでしょうか。

丸ごと一本でも良し、カットしても良しです。

缶詰のヤングコーンを串にさして手軽にできるミニ焼きとうもろこしもあります。

香ばしい香りが食欲をかきたてるでしょう。

フランクフルト

文化祭、学園祭、屋台の定番といえばこちらです。

歩きながら食べるのに最適なその形状で、お手ごろな値段、バカ売れまちがいなしでしょう。

売る側としてもお手軽です。

ケチャップマスタードをこぼすのには注意しましょうね!

中華風おかゆ

ヘルシー志向な方も増えてきている近年、おかゆなどはいかがでしょうか。

体にやさしくあたたまることのできるおかゆは風邪予防などにも効果抜群ですし、作り置きも可能です。

汁物とご飯ものの両方の利点を備えているので工夫次第では売り上げナンバーワンも狙えます。

安全について

お祭り・学園祭の食べ物の模擬店は、開催の一週間前までに、各都道府県の保健所へ模擬店開設届を提出する必要があります。

慣れていない人が調理に関わることで、それが原因と考えられる食中毒などもよく発生しています。

しっかり手洗い・消毒など気を使い、安全でおいしい食べ物を提供できるようにしましょう!

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています