人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

料理写真を美味しく撮るアプリ(iPhone フードカメラアプリ)

食べてみたい、作ってみたい、そう思うきっかけのひとつに「美味しそうな写真が目に止まったから」ということがよくあります。

目でも味わえる美味しそうな写真に憧れます。

iPhoneで料理写真を美味しく撮る

料理写真スマホのおかげで「美味しい共有」がより気軽にできるようになりました。

料理ブログやコミュニティサイト、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)にInstagram(インスタグラム)などといったSNSでも美味しい情報がたくさん流れていますね。

毎日の食事やお弁当、お気に入りのレシピや美味しかったお店のおすすめメニューなど、美味しかった料理や美味しく作れた料理を写真に撮って、記録したり、シェアしたりされたり、そこから献立のヒントやレシピのアイデアをいただいたりもしています。

フードカメラをワンタップ

わたしの場合ですが、ブログ掲載用の写真は、まずiPhoneカメラで撮影し、iPhone編集機能や写真加工アプリなどで明るさや色温度などを適度に補正しています。

ふと「料理ジャンルごとに “らしさ” や雰囲気が出せるといいな」「料理写真専用のフィルターがあるとスピーディーで便利かも」と思い立ち調べてみたところ、ワンタップで料理をより美味しそうに奇麗に見せてくれる、料理専用のフードカメラアプリという便利な写真アプリがあるのですね。

料理写真さっそく定評のあるフードカメラアプリをいくつかインストールし、使い心地を確かめてみることにしました。

Foodie(フーディー)

「食べ物写真」をいかに美味しそうに撮影できるか、という1点を追及して生まれた「LINE」が配信するフード専用カメラアプリ。

お気に入りポイント

  • 食べ物の撮影に特化した30種類を超えるフィルター:YU(おいしく)TR(スパークリング)SW(スウィート)FR(フレッシュ)CH(もちもち)BQ(ニクニク)CR(サクサク)RO(ロマンチック)など豊富で楽しいです。
  • シャッター音の無音化:設定でシャッター音を消すことができるので、静かで趣きあるカフェやレストランなどでも撮影がしやすいですね。
  • 保存した写真の加工:以前に撮影したカメラロールに保存されている写真もフィルター加工ができます。
  • ライト点灯:光量が足りない暗い場所でも撮影ができます。
  • 動画撮影:湯気立つシズル感やとろけるトロリ感なども楽しめますね。
Foodie - 生活のためのカメラ
カテゴリ: 写真/ビデオ 無料 評価: 3.5
iPhone・iPadAndroid

スクリーンショット

◎シンプルで直観的に使いやすく、必要な機能がそつなく搭載されていました。

料理ジャンルにそって雰囲気を表現してくれるフィルターでさくっと素敵な一枚に仕上がるのが軽快です。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています