- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

いつまでもバンドを続けるために大切なこと15選

「社会人になってもバンド活動は辞めたくない…」

「仕事や就活をしながらだと大変…」

春から新生活を迎える中でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、社会人バンドを続けるために大切なことをまとめてみました。

学生の頃のような自由度がない

自由

http://www.photo-ac.com

学生の頃のように、日々の努力がなかなか成果に結び付かない時もあります。

プロのミュージシャンでも一般会社のお仕事と音楽活動の両立は難しいものだと思います。

仕事は生活していくためには必須であり、ご家族からのプレッシャーもある状況の方も少なくないと思います。

そんな中、自分のやりたいバンド活動を続けるのは強い根気とエネルギーがいります。

働くだけで終わる人生でいいのか?ライフスタイルの確立からスタート

スタート

http://peoples-free.com/03-action/028-action.html

正社員の方も、フリーターの方も、学生の時のように自由に時間が使えなくなり「あとは働くだけ」なんて思っている人がいるかも知れません。

そして音楽をやるために、嫌な仕事をしている方も少なくはないのではないでしょうか。

時には生活に追われて、バンドや音楽どころではなくなりそうになるときもあるでしょう。

ただそれだけで終えてしまうと、あなたの音楽への気持ちや演奏技術は、行き場所を失う事になります。

ラクしたくて社会的な窮屈さから逃げ出したくて、ただなんとなく音楽を選んだのではありません。

いまの環境の中でゆっくり考えてみて、その音楽にかける情熱を一つ一つカタチにしていきませんか。

学生時代より音楽は楽しめる!?

ビール

http://www.photo-ac.com

社会人になって1、2年は仕事覚えるのに必死だったり、そのスケジュールに慣れない中では、バンドどころではなくなるタイミングもあると思います。

お酒や食べ物の美味しさが大人になって分かるように、音楽の素晴らしさに気づける機会は社会人になってもたくさんあります。

「バンドを辞めて就職する」でも「フリーターになって売れるまで音楽一筋」でもなく「仕事をしながら演奏し続ける」

その可能性は無限大だとわたくしは思います。

こんな記事も読まれています