人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギター・ベース用プログラマブル・スイッチャー/ループ・スイッチャー「FREE THE TONE ARC-3」レビュー

今回はギター・ベース用プログラマブル・スイッチャー/ループ・スイッチャー「FREE THE TONE ARC-3」についてざっくりお話しします。

FREE THE TONEについて

FREE THE TONE

このメーカーの名前は一昔前ではあまりなじみのない名称だったのではないでしょうか。

もともとはProvidence(プロビデンス)のカスタムショップ製品を製作していたFREE THE TONEなのですがPROVIDENCEを離れ、独立したことから名前は現在広がってきています。

代表の林さんは昔、僕も好きだったhideのギターテックもしてた人で、現在もLUNA SEAのSUGIZOさんや布袋さんの機材の製作もしている方です。

とにかく音にこだわる人!ってのがネットで調べていくうちに分かり、この人なら信頼できる物を作ってるだろうと言う気持ちになりました。

しかしPROVIDENCE時代もFREE THE TONEの存在は知っていたが、高価すぎてとても買えなかった。

だけど独立後の価格が大幅に手頃な価格となり、さらにはプロにしか製作していなかった機材もプロではなく僕らインディーズのミュージシャンでも買えるようになったのが本当に大きな変化だと言える。

そのFREE THE TONEの代表作と言えようこのARC-3(ルーティングシステム)は形そのものはPROVIDENCE時代のPEC-2ですが、中身が全然違うのです。

PEC-2の不満がすべて解消された完成系とも言いましょうか。

では早速レビューいたします!

FREE THE TONE|ARC-3  レビュー

FREE THE TONE|ARC-3

俺このFREE THE TONEのパッケージ(箱)がめちゃくちゃ好きなんです(笑)。

このシンプルさ、ただシンプルじゃなくてレトロな感じも漂っている感じ。

ただの段ボールがFREE THE TONEの印字が入るだけでなぜか価値が上がるような気がする。

FREE THE TONE|ARC-3

開けるとこんな感じ。

本体と電源アダプタと説明書が入っています。

もうこの時点でドキドキのワクワク!(笑)。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています