人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

バンドマンを辞めてDTMを始めて3年経った今感じるDTMの魅力

元々私はバンドをしていたのですが色々とあって3年ほど前にバンドを辞めてライブハウスから身を消しました。

それでも音楽を続けようと考えた結果DTMを始めました。

脳筋系だった私はPCのことなど詳しくは知らず最初はタスクマネージャーすら開けませんでした。

軽く動画サイトで動画を見る程度しか扱えませんでした。

そしてDTMを始めて3年ほど経った訳ですがそこで感じたことをつらつらと書いていきます。

自分の好きなように自由に楽曲を作れる

DTMソフト

自分の空いている時間に好きなように音源を作れるのに感動しました。

ドラムなんかは実際にスタジオでRECをしなくても正確に高音質な音源で打ち込むことができます。

DTMソフト

DTMソフトは人間ではないのでインストゥルメントを立ち上げてMIDIデータを打ち込めば素直にその通りに音を出してくれます。

「このフレーズできるかなー?」といったプレイヤーに対する配慮などがいらないので曲作りで何の気を使う必要もないです。

バンドではスタジオ内で曲を作っていき編曲も平行することがあったのでよくメンバーともめることがありましたが、基本的にDTMは自分一人でプロジェクトデータを作っていくので編曲などで誰かともめることがないです。

それも自分の部屋でRECからMIX〜マスタリングまでおこなうので、全て自分だけの空間で完結させることができました。

スタジオ代やスケジュールの管理などそういったことを考えなくて良いので楽曲制作以外でストレスを感じることが少ないです。

わからないことはネットで検索すると解決策がたくさん出てくる

Google検索

これには非常に何度もそして今でも助けていただいてます。

少し前まではDTMの情報が検索してもあまりグーグルに出てこないことがあったのですが、今はわからないことがあれば調べるとたくさん出てきます。

情報がたくさんあるので私の周りでも独学でDTMをしている人がたくさんいます。

エラーだったりトラブルなどは特にグーグルでの検索でブログサイトなどの記事を参考に解決したことがあります。

最初に書いた通り脳筋系の私でも今ではボーカロイドオリジナル曲を作れるくらいにまでなれたのでこれからDTMを始めようかなと考えている人はグーグルでの検索をしながら独学で始めていっても問題ないと思います。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています