意外と知らない!?ゲイン(GAIN)とボリューム(Volume)の正しい使い方

ギター・ベースアンプや音響機器のツマミには、ゲイン(GAIN)とボリューム(Volume)2種類があります。

どちらも音量を調節するツマミですが、皆さんこの違い分かりますか?

音は電気信号に変換される

アンプやスピーカーから音楽を聴く際に、空気の振動である音は、電気信号に変換されて機器同士を伝わります。

その電気信号が再び空気の振動に変換され、私たちの耳に伝わるのです。

音波は、真空中では伝播せず、必ず気体・液体・固体のいずれかの媒質を介する必要がある。

音波 – Wikipedia

その空気の振動を電気信号に変換するのが、マイクやギターのピックアップなどの役割です。

例えば、マイクで収音された音は、ミキサーを経由し→アンプに入力され→スピーカーから出力され、初めて音として聴き取ることができるのです。

ゲイン(GAIN)ってどんな意味?

ギターアンプのゲイン(GAIN)

ゲインとは日本語にすると利得と言い、電気回路における入力と出力の比のことです。

電気の世界ではこのように表現するのですが、いまいち意味が分かりませんよね……。

分かりやすく説明すると、ゲインを上げるというのは入力した音を増幅させることです。

このゲインを調節する装置のことを、プリアンプ(PreAmp)と呼びます。

接続している楽器の入力音量をここで調節します。

ギターアンプではゲインを上げることで、音を歪ませてエレキギター特有のかっこいい音が出せます。

先ほど、ゲインとは入力した音を増幅させる、とご説明しましたが、この「音を歪ませる」というのはゲインを上げてわざと機器内部で音を割れさている状態なのです。

エレキギターで音を歪ませると音圧があるように聞こえ、迫力が増すわけです。

また、マイクなどをつなげたときには、このゲインツマミを上げると、音を収音しやすい状態になります。

ちなみに楽器やマイクの場合、ゲインを上げすぎると出力感度も敏感になり、ハウリングなど機材を痛める原因になりますので、調整する際には気をつけましょう。

data-ad-format="fixed-height">

こんな記事も読まれています

人気の著者・クリエイター