- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

【誰でも曲が作れる!】GarageBand(ガレージバンド)の基本的な使い方

iPhoneやiPad上で、楽器ができない人でもお手軽に作曲ができてしまう優れ物の「GarageBand(ガレージバンド)」。

「ガレバン」の愛称で広く親しまれているので、すでに使用したことがある人も多いのではないでしょうか?

ここでは初めて使う人のために基本的な使い方を紹介していきます。

GarageBandとはどんなアプリ?

How to use GarageBand on iPad, iPad 2 – Official Video Guide

このアプリはMacやiPhone・iPodなどで有名なApple社のアプリです。

もともとGarageBandはパソコン(Mac)用のソフトのみでしたが、現在はiPhoneやiPadでも使えます。

ほかの作曲ソフトと比較して「簡単・手軽で、なおかつ本格派」という所がGarageBandの魅力です。

画面の見方

GarageBandを起動するとこんな画面が出てきます。

画像1

これはデモソングのデータです。

左端は楽器を示しており、緑色の帯はピアノロール(打ち込み)、青色の帯はオーディオデータ(録音データ)となっています。

楽器を鳴らしてみよう

それでは早速、実際に曲を作ってみましょう。

新しくプロジェクトをつくるには、画面左上「My Song」をタップします。

画像2_

するとこのような画面になります。

画面左上の「+」ボタンをタップすると……。

画像3_

楽器を選べます。

今回は、まずドラムから始めてみましょう。

画像4

ドラムセットが出てきました!

太鼓やシンバルなどをタッチすると音が鳴ります。

ちなみにタッチの強さで音の強弱も表現できます。

画像5

このドラムセットで演奏し、録音してみましょう。

画面上部の赤い丸印の録音ボタンを押すと、自分で演奏した音が録音されます。

画像6

録音が完了!

8小節分のドラムが打ち込まれました。

この容量で他のベースやギターなど、さまざまな楽器の音を重ねていきます。

画面下の「+」をタップすれば、楽器を追加できます。

ギターやベースは、このような画面になっています。

よく使われるコードがあらかじめセットされていて、タップ・スライドで鳴らせるという仕組みです。

画像7

画像8_

他にもキーボードや、

画像9

ストリングス、

画像10

サンプラーなど面白いものがたくさんあります。

画像11

録音した音がリズムとズレてしまった場合や、一度で録音できない細かい編集がしたい場合は、ピアノロールから編集することもできます。

演奏データをタップし「編集」ボタンを押します。

画像12

ピアノロールはこのような画面です。

ズレた音をドラッグで手直ししたり、加筆したりできます。

画像13

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています