人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ドラム初心者のための】ゴーストノートで大切なこと

ドラマーの皆さん!

ドラムの演奏において、ゴーストノートをどの位意識されているでしょうか?

普段何気なく入れてしまっているゴーストノートも、時として邪魔な存在にもなりかねません。

今回はゴーストノートで大切なことを少しご紹介したいと思います。

無意識に入れてはダメ

言葉の通り、お化けの音符です。

裏を返せば、入れなくても良いというのが、僕の考え方です。

ゴーストノートを入れれば、音符が細くなるので、よりグルービーに聞こえたりしますが、曲によってはうるさい存在に変身します。

聞こえないくらいに小さく演奏する音符ですが、テキトーに入れてしまっては、意味がありません。

ゴーストノートを入れないと叩けない!なんて手癖のようになってる方も少なくないと思います。

ゴーストノートも立派な存在する音なのです。

名手達から学ぶ

ドラマー、ジェフ・ポーカロの名演奏「ロザーナ」を聴いてみましょう。

バックビートの後に来るゴーストノートは、なかなか難しいですね。

スティックコントロールもそうだし、柔らかいグリップでないと、あの的確かつ柔らかいタッチは産まれません。

デビット・ガリバルディの演奏も最高ですね!

サラッと演奏しているように感じますが、全てに意思を感じます。

存在する小さな音なので、耳にしっかり聞こえる音だけでなく、体の奥底や心に響く演奏になってます。

ちゃんとハマってる?

ちゃんとハマってる?

https://pixabay.com/

16ビートを演奏する時のゴーストノート。

16部音符になってますか?

シャッフルを演奏する時のゴーストノート。

3連符になってますか?

16ビートのスウィング、6連符になってますか?

ダブル系のゴーストノートを入れる時も同じです。

32分音符になってますか?

音が小さくても、音符やビートにハマっていなければ、その音は不快に聞こえてしまいます。

音量も極小で演奏しないと、うるさく聞こえてしまいます。

ここが整うと、ゴーストノートの存在価値が増します。

また音になっていないゴーストノートも要注意です。

それでは死んだ音になってしまい、ゴーストノートとはいえないものになってしまいます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています