人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ドラム初心者のための】ゴーストノートの基礎練習

ゴーストノートとは8ビートなどのビートをたたく時や、フィルなどのフレーズをたたく際、聞こえるか聞こえないかの音量でたたく奏法です。

グレースノートとも呼びます。

ゴーストノートを入れる事で、曲はよりグルービィーになり、印象をまるっきり変える事ができます。

練習方法をいくつか紹介しますのでぜひ参考にしてください!

ゴーストノートの基礎練習

ゴーストノートとはその名の通り、幽霊のように目立ち過ぎてはいけない音のことを言います。

慣れてしまえば手クセのようにできますが、ゴーストノートの音量が上がり過ぎてる事に気づかず演奏してしまうと、とてもうるさく、せわしないリズムになりアンサンブルの邪魔になりかねません。

ゴーストノートの基礎はアクセントを操るスティックコントロールです。

参考:【ドラム初心者のための】アクセントを操るための4つのストローク

手クセのように入れるためには、まず徹底的に基礎を固めましょう!

はじめの段階ではアクセントをするかしないかの目安はスティックの高さで判断するとよいでしょう。

アクセントは90度以上をスティックを振りかぶりダウンストローク、ゴーストノートはスネアヘッドから3センチくらいの高さからたたくタップストロークで演奏します。

こちらは鏡を見ながら高さを意識し、音を録音したり録画したりしながら音やフォームを確認します。

参考:ドラム練習を充実させる方法

たたいている時の感覚だけで判断しないようにしましょう。

右手アップダウン奏法と左手

ゴーストノートを8ビートで使用するためには右手のアップダウン奏法と左手の分離が必要になってきます。

参考動画です。

初級者脱却第2弾!アップダウンと左手の関係!

ゴーストノートを使ったビートの紹介

シェイクビートでゴーストノート

両手を交互に動かすようにアクセントをしているシェイクビートとは違い、ゴーストノートを入れる場合の体の感覚は8ビートに近いです。

バックビート(2拍目と4拍目)にスネアを入れるために手を上げるついでにたたいているような感覚です。

シェイクビート

ドラム譜(シェイクビート)

ハーフタイムシェイクビート

ドラム譜(ハーフタイムシェイクビート)

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています