人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

日本のガールズバンド。おすすめの人気バンド

バンドは男の人がやるもの。

そんな先入観を持っている方も多いと思います。

でも、それってとってももったいない。

日本には魅力的なガールズバンドがたくさんいるんです。

ソロではなくバンドだから出せる音、男性じゃなくて女性だからこそ表現できる世界観。

チェックして損なしです。

もくじ

日本のガールズバンド。おすすめの人気バンド

瞬間センチメンタルSCANDAL

SCANDALは2006年に結成された4人組バンドです。

結成当初は楽器も弾けない状態でしたが、デビューした時は女子高生バンドとして話題になりました。

制服で(衣装だと思いますが)演奏したり、アイドルバンド的な扱いでしたが、しっかりと地に足をつけた活動をし、今では立派なガールズバンドの代表となっています。

ルックスが超いい4人でファッションも素敵です。

チェリボムSilent Siren

4人のメンバー全員が読者モデル。

2010年に結成され、バンドの愛称は「サイサイ」。

モデルならではのルックスのかわいさと、女の子らしさ溢れるポップでキュートな楽曲が人気。

ボーカルすぅのキャンディボイスがとにかくかわいらしさ満点です。

グライダーthe peggies

デビュー以来、新作が次々に話題となっている3ピースガールズバンド、the peggiesによる1曲。

「NEW KINGDOM」というアルバムに収録されている曲で、ライブでは特に高い人気を誇るノリのよい曲です。

アボカドyonige

2013年活動開始の大阪府寝屋川市出身のガールズバンド。

2015年にリリースした「アボカド」で話題を集め、2016年7月には新作2ndミニアルバム「かたつむりになりたい」をリリース。

さらなる話題を呼んでいます。

メッセージ性の強い日本語歌詞がかっこいいバンドです!

プロミスザスターBiSH

アイドルグループ・BiSを手がけていた渡辺淳之介氏が「もう1度BiSを始める」という宣言のもと2015年にデビュー。

「楽器を持たないパンクバンド」という異名を持っており、アイドルグループでありながらその歌唱やパフォーマンスはどこかロックバンドのように刹那的です。

シャングリラチャットモンチー

女性スリーピースバンドによる曲で、軽快なメロディと優しい歌声は多くのファンから愛されています。

この曲は一度聴くと病みつきになり、何度でも聴きたくなるでしょう。

ライブで盛り上がる楽曲として大人気です。

強い女性を表現している歌詞も女性から支持を集める人気の理由です。

月までHump Back

大阪出身のスリーピースバンドです。

2009年に高校の軽音楽部で結成され、幾度かのメンバーチェンジを繰り返し、現在の形になっています。

シンプルなサウンドの中に響くボーカルの豊かな声の表現が魅力的なバンドです。

the non-fiction daysBAND-MAID

2013年に結成された5人組のガールズロックバンド。

メイド風の衣装を身につけていることで話題になりました。

同曲は、2016年にリリースされたサードミニ・アルバム「Brand New MAID」の1曲目に収録されており、砂浜を舞台にメイド服姿で演奏するMVが印象的です。

絶対的な関係赤い公園

2010年結成、2012年にメジャーデビューを果たした赤い公園による1曲。

テレビドラマ「ロストデイズ」のために書き下ろされた1曲で、楽曲自体のインパクトやキャッチーなサビはもとより、曲の長さがたった100秒という通常あまりない構成ということでも注目されました。

中庭の少女たちSHISHAMO

川崎にある高校の軽音楽部で結成されたスリーピースガールズバンドです。

結成時は「柳葉魚」(ししゃも)と感じ表記でした。

2012年、全国の高校アマチュアバンドが集まる第9回TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2012で「宿題が終わらない」を披露し、優秀賞とボーカル賞受賞したことを皮切りに注目を集めました。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています