人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ノリのいい曲。テンションが上がる名曲、おすすめの人気曲

テンションを上げたいとき、盛り上がりたいとき、ノリのいい曲を聴くという方は多いのではないでしょうか?

あなたにも、きっとお気に入りのノリのいい曲があると思いますが、いつも聴いているのとは違う曲を聴きたいときもありますよね!

そこで、この記事ではオススメのノリのいい曲をたっぷり紹介していきますね!

定番のノリのいい楽曲に加えて、人気曲の中から編集部で厳選したオススメ曲をピックアップしましたので、ぜひ聴いてみてくださいね!

もくじ

ノリのいい曲。テンションが上がる名曲、おすすめの人気曲

留学生MONKEY MAJIK × 岡崎体育

MONKEY MAJIKがさまざまなアーティストとコラボレーションをしたその名も「COLLABORATED」に収録されているこの曲は岡崎体育とのコラボ曲。

岡崎体育の得意とする?英語に聴こえる日本語がふんだんに盛り込まれている歌詞。

逆に日本語に聴こえる英語も。

歌詞を見ながら聴くと「すごい!」とうなります。

そして声に出して歌いたくなる一曲です(笑)。

Yes we are三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

2019年3月に発売の三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのシングル曲。

この曲も彼らの持ち味であるダンサブルでノれる、という音が盛りだくさんです。

赤、青、白と色分けされた楽曲でツアーを構成させているそうでこの曲は青、王道のポップスとして組み込まれている。

王道のポップスとはいえ力強さを感じる、そして体が勝手に動いてしまうそんな一曲。

シュガーソングとビターステップUNISON SQUARE GARDEN

2015年もっともはやったキラーチューンのひとつです。

近年の流行曲と比べるとテンポ感はややゆったりめですが、このバンドの持つゆるさ、遊び、技巧が見事にマッチしていて、今後の活動次第ではバンドの顔のような曲になると思います。

ジワるDAYSAKB48

2019年にリリースのこの曲は2019年4月にAKBグループから卒業する指原莉乃のラストシングル。

AKB48ではメジャー55作目になるシングル曲。

もちろんセンターポジションは指原莉乃ですが、選抜選挙の結果を反映していないセンターはこれがはじめてだそうです。

別れと新たな旅立ちを歌った王道アイドルソングです。

アゲインWNIMA

若者のみならず少し年齢が高めのJロックファンからも幅広い層で愛されるWANIMA。

その魅力はキャッチーなメロディ、そしてストレートすぎるほどストレートな日本語の歌詞にあると思います。

このアゲインもストレートな歌詞がふんだんに盛り込まれています。

ドラマの主題歌にもなりリンクする部分は結構あるのですが挑戦する、応援ソングとしてぴったりな一曲です。

Glamorous Sky中島美嘉

中島が主演した映画「NANA」のテーマ曲としても人気があります。

劇中で中島本人が歌って話題となりました。

かっこいい曲になっていますので、テンションが上がる曲としておススメです。

あつまれ!パーティーピーポーヤバイTシャツ屋さん

2012年に大阪で結成されたヤバイTシャツ屋さんです。

バンド名と曲名からもかなり個性を感じるバンドでありますが、こちらの曲はパリピをヤバT目線で書いた歌詞をノリのいいメロディーにのせて歌っています。

大声で歌いたくなるような曲です。

ガッツだぜ!!ウルフルズ

大変なときにこの曲を聴いて励まされたという方も多いのではないでしょうか?

この曲には聴くと自然とテンションが上がる魔力があるのかもしれません。

この曲は大変なとき以外でも聴くととても元気が出てきますので、ぜひぜひテンションを上げたいときに聴いて欲しいですね。

One Night Carnival氣志團

この曲は発表されてから現在でも歌われている長く愛されている名曲になっています。

非常にノリの良い曲になっており、カラオケでも盛り上がる曲になっていますので、テンションが上がる曲になっています。

Flamingo米津玄師

メジャーデビュー通算9作目となるこの曲、彼の才能はいったいどこまで突き進んで行くのかと思わせる1曲です。

年末の紅白出場からその名をさらに広め、たくさんの人が彼の楽曲に注目しています。

そんな中この1曲に注目されたのがMVで公開された独創的なダンスパフォーマンス。

1度見たらもうくぎ付けになってしまう。

そしてもう1つ、意識して取り入れた演歌のサウンドに、はかり知れない新しさを感じた。

もともネットの歌いてとして人気を得ていた彼が、こうして世に出てきた事は必然的なのだろう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています