人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

世界の有名ベーシスト

ジャコ・パストリアス、マーカス・ミラー、リチャード・ボナ、フリー、シド・ヴィシャス……スタジオスタッフがおすすめする世界の有名ベーシストのご紹介です。

世界の音楽史を文字通り支える、偉大なベーシストたちによる伝説のプレイリストです。

もくじ

世界の有名ベーシスト

Basket CaseMike Dirnt(マイク・ダーント/グリーンデイ)

アメリカの代表的パンク・バンド「グリーン・デイ」のベーシスト。

使用ベースはスクワイヤの本人シグネイチャーモデルで、腰まで落とした「Theパンクスタイル」の奏法ながら、細やかなフレーズも弾きこなす実は技巧派ベーシストです。

CalifornicationFlea(フリー/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)

ロックシーンに高速スラップをとり入れた第一人者。

上半身裸のプレイスタイルを築いたのも彼らで、パフォーマンスを超人的演奏と同時にこなすスタイルは多くのリスナーを虜(とりこ)にした。

意外なことに元々はジャス・ミュージシャンを目指しトランペットをやっていたのは驚き!

CreepColin Charles Greenwood(コリン・グリーンウッド/レディオヘッド)

レディオ・ヘッドのサウンドをドラムのフィル・セルウェイと共に支え続けているのが彼です。

メンバー全員がマルチプレイヤーであり、コリンもエレキ・ベース&ウッド・ベース、そしてシンセ・ベースの他にキーボード、サンプラー、パーカッションを使用することも。

新宝島草刈愛美/サカナクション

女性らしい非常な繊細なタッチながら女性とは思えないような豪快でダイナミックなベースフレーズを紡ぎ出すプレイでサカナクションのサウンドを支えています。

バックグラウンドは幼少期からのピアノ。

CMソング限定でボーカルを務めたこともあります。

Hello, GoodbyePaul McCartney(ポール・マッカートニー/ビートルズ)

ザ・ビートルズのベーシスト・ヴォーカリストにしてソングライターとして名曲を多く世に送り出しました。

解散後も世界中の音楽ファンを虜(とりこ)にし続けています。

1970年のビートルズを解散後は妻であるリンダ・マッカートニーと共に「ウイングス」を結成しました。

丸の内サディスティック亀田誠治/東京事変

アーティスト椎名林檎を支え続ける「ベーシスト」というくくりでは納めることのできないのが亀田誠治です。

肩書きはさまざまながら日本屈指のベーシストであるのはまちがいありません。

最近では大原櫻子などの新人もプロデュース中。

abnormalize345/凛として時雨

345は名前の「みよこ」からきている。

ツインボーカルバンドなので歌も担当しており、決して男性負けしない激しいベーススタイルが持ち味。

外の活動としてはL’Arc~en~CielのドラムYukihiroとバンドを組んでいます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています