人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

世界の女性ドラマー

スタジオスタッフがおすすめする女性ドラマーをご紹介します。

世界中で活躍する天才ドラマーたちによる伝説のプレイリストです。

世界の女性ドラマー

Karen Carpenter

兄妹デュオのユニット、カーペンターズのボーカル、カレンは実はドラムの達人なのです。

実はほとんどの曲でドラムを演奏しています。

MVでも、カレンの演奏している映像が観られるものがたくさんあるのですが、あえて、この動画を載せます!

テレビ番組に出演したときの映像ですが、超絶なスティックさばきに驚くことでしょう!

Story (CHON)Kristina Rybalchenko

数々のメタルバンドのドラムカバーで最近話題になっているロシアのクリスティナさん。

こちらは2017年に来日ツアーも行ったアメリカ西海岸のCHONのカバー動画です。

なかなか粒のそろったタイトなプレイですよね!

他にもいろいろなアーティストのカバー動画をアップしています!

Fluorecent Adolecent (Arctic Monkeys)Ihan Haydar

デンマークのトリオL.I.G.AのドラマーでもあるIhan Haydar。

こちらはアークティック・モンキーズの曲を楽しそうにカバーしている動画です。

インスタのフォロワー数は1万8千人以上といういま大注目のドラマーです!

ラヴコリーダシシド・カフカ

ドラム!女性!といえば、この人が真っ先に浮かぶ人も多いはず。

今でこそ、シンガーのイメージが強い彼女ですが、もともとはドラマー。

バンド出身で、サポートミュージシャンとしても活躍していましたが、あるきっかけからボーカリストをめざすことに。

当初はハンドマイクで歌っていたのですが、途中でしっくりきたのが、現在のドラムを演奏しながら歌うスタイルだそうです。

Hannah Welton

日本ではなかなか話題になることはありませんが、海外を中心に人気が高い女性ドラマー、Hannah Welton-Fordのインプロです。

彼女は女性ドラマーという枠を超えて、全ドラマーの中でもトップクラスの実力を持っています。

本格派なドラムを聴きたい人はぜひ。

壬申の乱川口千里

日本人の女性ドラマーの中でも特に有名なのが彼女、川口千里ではないでしょうか。

彼女は「手数王」の愛称で知られるドラマー、菅沼孝三の弟子としても知られていて「手数姫」とも呼ばれています。

とにかく細かい音符をつめこむドラミングが彼女の魅力です。

おどるポンポコリン陳曼青

日本人なら聴きなじみ深い選曲ですね。

美し過ぎるストリートドラマーとして台湾のドラマー、陳曼青です。

キーボードやギターなどもこなす、マルチプレイヤーでもあります。

そして歌もうまい。

多彩な才能を持つミュージシャンです。

The Glamorous LifeSHEILA E

アメリカの歌手、ドラマー、パーカッション奏者である彼女。

ソロ活動の他にプリンスやそのほかのアーティストのライブやツアー、PVに多く参加しています。

ソロの際は、ステージの真ん中にパーカッションを据え、派手なアクションで演奏しながら歌うというスタイルで、みても聴いても楽しいドラマーの一人です。

Corazon Espinado (Santana)Cindy Blackman

メタルやフュージョンもいいけど、もっと渋い感じのドラマーを見てみたい、という人におすすめなのがSindy Blackmanというドラマーです。

彼女はSantanaというアメリカのバンドで活動しており、ラテン系のビートを得意としています。

SynergyAnika Nilles

Anike Nillesは女性らしい繊細さと、パワフルさを兼ね備えた女性として、ドラマーを中心としたミュージシャンの中で支持を広げています。

R&Bやファンク系のグルービーなビートから、ストレートなロックドラムまで叩けてしまうなんでも屋なドラマーです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています