Band@RAG
バンドをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|120 view

音楽史に残る偉大なジャケットデザイン 10選

数々のアーティストの有名なCD・LPのジャケットデザインやアートワークのデータベースサイト「ジャケットデザイン.com」です。

ジャケットデザイン.comでは日々、ジャケットデザインを更新中です。

さて、LPやCDを語る上で欠かせない要素のひとつがジャケットデザイン。

「ジャケ買い」という言葉もあるように、音楽の魅力を視覚的に表現している非常に重要なものです。

今回は音楽史に残る偉大なジャケットデザインをご紹介します。

Queen II / Queen

1974年にリリースされたQueen(クイーン)の2ndアルバム。

Queenのヴィジュアルイメージを決定付けたこのジャケット写真を手掛けたのは、数々のロックアーティストを撮影した写真家Mick Rock(ミック・ロック)によるもの。

映画「上海特急」のマレーネ・ディートリヒからインスパイアされたそうです。

Abbey Road / The Beatles

1969年にリリースされたThe Beatles(ビートルズ)の12thアルバム。

ロンドンにあるEMIスタジオ前の横断歩道で撮影されたこのジャケットを知らない人はいないのではないでしょうか?

今でも世界中から多くのビートルズファンが訪れる聖地となっています。

Brain Salad Surgery / Emerson, Lake & Palmer

1973年にリリースされたEmerson, Lake & Palmer(エマーソン・レイク&パーマー)の5thアルバム。

邦題の「恐怖の頭脳改革」というワードと、映画「エイリアン」でも知られるHR Giger(H・R・ギーガー)によるジャケットデザインが見事に融合していますよね。

The Dark Side Of The Moon / Pink Floyd

1973年にリリースされたPink Floyd(ピンク・フロイド)の8thアルバム。

光のプリズムをモチーフにしたあまりにも有名なデザインを手掛けたのは、歴史的なデザイン集団Hipgnosis(ヒプノシス)。

741週に渡って全米アルバム・チャートにランク・インし続け、ロングセラーのギネス記録にも認定された理由の一つには、このアイコニックなデザインがあったのではないかと思います。

The Velvet Underground & Nico / The Velvet Underground

1967年にリリースされたVelvet Underground(ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)のデビュー・アルバム。

ポップ・アートとしても有名なジャケットデザインを手掛けたのは、本作のプロデューサーでもあったAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)。

初期のLP盤では貼ってあるバナナのステッカーをはがすとバナナの果肉が現れる仕掛けが施されていました。

Nevermind / Nirvana

1991年にリリースされたNirvana(ニルヴァーナ)の2ndアルバム。

Robert Fisher(ロバート・フィッシャー)によるこのアートワークは、ボーカルのKurt Cobain(カート・コバーン)が水中出産のドキュメンタリーに魅了されたことから生まれたと言われています。

ちなみに写真の赤ちゃんは、その後このジャケットを再現した写真を度々撮影しています。

Aladin Sane / David Bowie

1973年にリリースされたDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)の6thアルバム。

Brian Duffy(ブライアン・ダフィー)が撮影したこの写真は、David Bowieをアイコン的存在に押し上げました。

稲妻を思わせる独創的なメイクは、当時のナショナルのロゴマークがモチーフとなっているそうです。

おすすめの記事あわせて読みたい