- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

多くの人が間違っている!?ギターアンプの音作りで気をつけたいこと

典型的なバンド編成の中でとくに音作りに気を使うのがギターというパート。

中音域を担う目立ちやすいパートのあなたのギターの音で、もしかすると観客を不快にさせているかもしれません。

わたくしもギターの録音などを日々行っておりますが、その中で気づいたことの1つを紹介したいと思います。

アンプ

マーシャルとJC-120

主に日本のライブハウスやスタジオではマーシャルRoland JC-120が置いています。

ギターにおいての音作りは永遠のテーマであり、日々頭を悩ませているかと思います。

余談ではありますが、日本では当たり前になっているマーシャルとJC-120というアンプの組み合わせ、これ実は日本だけなんです。

海外ではマーシャルは置いてあっても、JC-120が置いてある風景はほとんど見られません。

しかもマーシャルは必ず上下分かれたスタックアンプという訳ではなく、コンボアンプの場合も多々あり。
日本ではリハーサルスタジオと呼ばれたりしていますが、英語圏では「Jamming studio」と呼ばれていますので検索してみると海外のスタジオ状況などを見る事ができます。

音楽スタジオ

http://sg-jamming.blogspot.jp/

低域と中高域で音の進む方向が違う?

Rpland JC-40

中域高域では音は真っすぐ進んでいきます。

ただ実は低域は指向性がないので人間はどこから鳴っているのか分かりません。

「そんなことないんじゃない?」と思う方もいますよね。

低音の鳴っている方向が分かる場合、それは「他の高域の音と一緒に鳴っている」からどこから音が出てきているのか分かるのです。

なのでテレビのオーディオ環境を整える場合、~サラウンドと言っていろんな場所にスピーカーを置いたりしますが、低音が出るウーハーは部屋のどこに置いてもいいんです。

低音はどこから鳴ってるか分からないし、中高域が鳴っている方向から音が鳴っているかのように聞こえますからね。

指向性から考えるバンドアンサンブル

中高域は指向性があり、低域は指向性がない。

これはバンドアンサンブルでも同じ事が言えます。

こんな記事も読まれています