人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターシールドのおすすめ。種類と選び方

今回はギターやベースなどの楽器で使うシールドケーブルの特徴と選び方を紹介します。

ケーブル選びで迷った時に参考にしてみてください。

有名ケーブルメーカー一覧

ベルデン(BELDEN)

ベルデン

http://www.soundhouse.co.jp

中程度の価格帯では世界中で抜群の信頼を集めるケーブル・ブランドです。

レコーディングなどプロの現場でも使用されており、ギター以外のケーブルとしても高い支持を集めています。

中低域が強調されたサウンドを出しバンド・アンサンブルの中でも音が埋もれることはなく、全体的にハリがあり音も太いです。

代表的な型番

  • 8412

特徴

  • パンチがあり、高い音圧
  • アンサンブルの中で音が埋もれづらい
  • 硬めなので、取り回しづらい

カスタム・オーディオ・ジャパン (Custom Audio Japan)

カスタムオーディオジャパン

http://www.amazon.co.jp

トップミュージシャンによるブラインドテストで選ばれた素材を採用した、機材のポテンシャルとサウンドを常に100%引き出すことをコンセプトとするメーカーです。

ケーブル自体が柔らかくて、ライブステージで絡まったり、折れたりしにくいのも特徴です。

代表的な型番

  • IL5M

特徴

  • 出音は限りなく「フラット」
  • 「超高音域(プレゼンス)」が僅かに持ち上がっている
  • 柔らかいが、頑丈なケーブル

使用ミュージシャン

今剛/是永巧一/土方隆行/鳥山雄司/今泉洋/増崎孝司/KappaTanabe/いまみちともたか(ヒトサライ)/山崎淳/飯室博/田川ヒロアキ/Kouji(NeoAtomicMotor)Yoma(TheWinkingOwl)おいたん(東京カランコロン)/古川望/若井望/山岸竜之介

イーエクス・プロ(Ex-pro)

FA SERIES

http://ex-pro.co.jp/product/

「プレーヤーと楽器から作り出す繊細なトーン、ニュアンスを素直に伝える」これがEx-proケーブルの絶対テーマです。

余計な味付けはしていません!

楽器本来の持つトーン・キャラクター、そしてプレーヤーのフィーリングを100%伝えたい……。

全てのエレクトリック楽器、そして全てのジャンル、スタイルに対応したハイ・スペック・ケーブルです。

メーカーサイト

代表的な型番

  • FL SERIES

特徴

  • 長い仕様でもパワー感を損なうことない、世界最小の線間容量50pF/mを実現
  • ノイズレスでワイドレンジ
  • 余計な味付けはしない、フラット志向

使用ミュージシャン

原田季征(G-FREAK FACTORY)/gure(Hawaiian6)/IKÜZÖNE(Dragon Ash)/内田雄一郎(筋肉少女帯)/大槻ケンヂ(筋肉少女帯)/KOHKI(BRAHMAN,OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)/是方博邦/坂崎 幸之助(THE ALFEE)/桜井賢/JOJI(dustbox)/SUGA(dustbox)/SUNAO(abingdon boys school,ever-glee)高見沢俊彦(THE ALFEE)/田川伸治(DEEN)/TAKUMA(10-FEET)/Char/TOSHI-LOW(BRAHMAN,OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)/NAOKI(10-FEET)/HIROKI(Dragon Ash)/本城 聡章(筋肉少女帯)/MAKOTO(BRAHMAN,OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)/masasucks(the HIATUS,FULLSCRATCH)/ROLLY

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています