人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

【ギターコード弾き入門】簡単省略コードでカントリーロードを弾いてみよう

ギターで曲を弾いてみたい!」というお考えの方に、今回は、コードというものを使って曲を弾くことを解説したいと思います。

コードという言葉自体は知っている人は多いかもしれませんが、一口にコードと言ってもたくさんの種類があります。

コードって何?

ほかの記事でも書いた、ドレミファソラシドのような単音弾きではなく、複数の音を同時に出すものをコードと呼びます。

和音と呼ぶこともありますが同じものです。

表記は代表的なものを挙げると、C、F、G、Amなどがあります。

ちなみに、Amの「m」は「マイナー」と読みます。

初心者でも弾ける簡単なコード

コードを初めて覚えるにあたり、種類をたくさん覚えたいのであれば音楽雑誌を買うと巻末にコード表などが付いているのでそちらがおすすめです。

しかし、それだけではなかなかわからないことも多いと思いますし、何より最初は奇麗な音が出なくて嫌になってしまうこともあります。

そんな方におすすめの簡単省略コードを紹介します。

図を見ながら実際に弾いてみてください。

ちなみに1弦は最も細い弦です。

初心者でも弾ける簡単なコード

横の線が弦を表していて、下の数字はフレットを表しています。

ここでひとつ気になるのがEmのコードですが、これは「1~3弦を押さえないで弾く」ということを表しています。

とっても簡単ですね。

×が付いている弦は今回は省略コードなので弾かなくて大丈夫です。

例)Gの場合、1弦の3フレットを薬指で押さえる→1~3弦を弾く。

押さえてるけどうまく鳴らない!

この中で一番難しいのはDのコードでしょうか。

コードを押さえるにはいくつかコツがあるのですが、意識してほしいことは、

  1. フレットのキワを押さえること
  2. 指を立たせて押さえること

まずこの2つを見直してみましょう。

この押さえ方の詳しい解説はコチラでも説明していますので参考にどうぞ。

押さえたら1本ずつ弾いてみましょう。

音が鳴っていないところがあったら、その弦にほかの指が触れていないか確認、フレットから遠いところを押さえているとそれも音が鳴らない原因になります。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています