人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターピックの種類と選び方・おすすめ(金属素材・その他編)

ギター・ベース用として市販されているたくさんのピックの中から、金属素材その他素材の感触やサウンドの特徴、その使い方・選び方についてをわかりやすく解説します。

音楽スタジオのベテランスタッフがレビューしてみました。

【素材別レビュー】

金属素材

ステンレス

ステンレス

広く普及した金属でサビに強いので電車の外装や水回りなどに使用されています。

レビューモデル

Fernandes STAINLESS 0.8mm

素材の感触

マットですがひっかかりもあります。

持ち心地はやはり硬めですが、反発などはそこまで感じません。

しなりは全くないので力の入れすぎには注意です。

金属ピック全般に言えますが、弦への負担に気をつけましょう。

サウンドの特徴

音はやはりどっしりとしてロー、ハイが押し出される印象です。

立ち上がりが早く、重さから音量や厚みがでるなど、金属ピックにあるややメタリックな響きですが音自体は丸いです。

しっかりと形が見える音像もありヘビーな歪みと相性がいいです。

歪みならやはりロック系、クリーンはジャズなどにも使用できそうな感じです。

やはり重いので省エネ奏法されている方は負担に感じるでしょう。

速弾きは正直重さを感じるのでやや苦手かでしょうか。

慣れると普段のピックにはないインダストリアル感が出せるので克服して個性とするのも一考です。

チタン

チタン

チタンは航空・宇宙分野などでも広く使われる、強くて軽い耐食性に優れた金属です。

表面も滑らかでとても弾きやすく激しいピッキングにも耐えますが、ピックスクラッチはやりにくそうです。

レビューモデル

BIG-WEST CREATION Ti

素材の感触

丈夫でまず減ることがない代わりに弦の磨耗が早いので注意が必要です。

重さをしっかり感じる厚み以上の質量感があります。

そのため早弾きを繰り返すと慣れるまでは疲れます。

ピッキングの際、弦に対してやや滑る印象があるので難易度は高めです。

また、厚みもあるのでピッキングテクニックも要求されます。

サウンドの特徴

いわゆる金属質な音質ではなく、意外にも丸く太い音です。

硬く質量があるので発音が早く音量が大きい。

また、倍音がよく出てふくよかな感じだがサスティーンは少なめ。

ローがずっしり出てハイが弱めなのでカッティングには不向きですが、意外とジャズでフルアコなどを弾くときに向いていると思います。

単音のメロディーでも存在感を出してくれる。

例えるならパットマルティーノが石ピックを使っていた時の音に近い。

歪みではかなり重量感のある音がするのでハードロック、メタルでのリフ演奏時に威力を発揮する一方で、ピックスクラッチをするとかなり金属質な音がしてやりにくいです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています