人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターピックの種類と選び方・おすすめ(天然素材編)

ギター・ベース用として市販されているたくさんのピックの中から、20種類以上の石や木、貝殻といった天然素材の感触やサウンドの特徴、その使い方・選び方についてをわかりやすく解説します。

音楽スタジオのベテランスタッフがレビューしてみました。

【素材別レビュー】

木(ウッド)

木

木製のピックは厚手のものが多く柔らかいアタック感と低音が特徴で、ジャズプレイヤーなどに好んで使われています。

エボニー、ローズウッド、ボックスウッドなどの堅くて丈夫な素材が適しています。

あまりアタック感がなく中低音が目立つ感じで、ピックというより指で爪弾く感じに近い音。

リバーブをかけてソロを弾くとすごく甘い良い音を出してくれて驚きました。

サウンドの特徴

  • 低音がよく響き、石よりも甘く柔らかい音色

メリット・デメリット

  • 高価
  • やや入手性にかけます

ローズウッド

ローズウッド

ローズウッドは硬くて重い材で、ギターやベースの指板に使用されているなど、プレイヤーの方にはなじみの深い素材です。

日本名は紫檀。 高級ギターに使われているハカランダは高級木材です。

レビューモデル

PICKBOY ROSE WOOD HAND MADE

素材の感触

木材なので手のなじみはかなりいいです。

やや滑りやすく、弦に引っかからないのでピッキング難易度が高いです。

サウンドの特徴

音はハイが削られた丸くて広がりのある音です。

強度の問題から厚みがあるモデルが多く、音量感や太さが得られます。

リバーブのかかりが大変面白いですが、かけすぎには注意。

アコギにもいい感じですがストロークがやりにくいので腕が問われます。

アルペジオのバラードやジャズギターとの相性がいいですが、一方でキレのいい曲やカッティングには不向き。

音像がかなりぼやっとしているので歪んだ音では正直使いにくいです。

個性を求める方はチャレンジしてみても面白いと思います。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています