人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターピックの種類と選び方・おすすめ(樹脂・プラスチック素材編)

ギター・ベース用として市販されている様々なピックの中から、20種類以上の樹脂プラスチック素材の感触やサウンドの特徴、その使い方・選び方についてをわかりやすく解説します。

音楽スタジオのベテランスタッフがレビューしてみました。

【素材別レビュー】

樹脂・プラスチック素材

セルロイド(Celluloid)

セルロイド

愛用してる人も多く、一番ポピュラーな材質です。

ピックによく使われる合成樹脂で他の素材に比べても安く、手に入りやすいピックです。

レビューモデル

SCHECTER H トライアングル 1.00mm

素材の感触

しなりが適度にあり弾きやすい一方で、ツルツルした触り心地のため油断するとピックがくるくると回る。

強度は弱いので使用しているとどんどん削れてくるため、替えをたくさん用意しておきましょう。

サウンドの特徴

特徴がないのが特徴です。

初心者の方は迷ったらとりあえずこれを買っておきましょう。

この素材を基準にしてなにが足りないか、なにが足したいかという感じで自分のプレイスタイルに合うピックを探していけばいいかと思います。

フラットな出音、バランスの良さからオールジャンルで使用できますし、歪ませてももちろん使えます。

スムースで角の立たないアタック感なので弦振動も感じやすく、テクニック次第で微妙に表情を変えることもできるので上級者でも愛用者が多いのもうなずけます。

弦の消耗は少なく弦も切れにくいです。

メーカーによって少しずつ加工が違うので好きなものを見つけましょう。

塩ビ(PVC)

塩ビ

PVC樹脂(ポリ塩化ビニル)は耐水性、耐久性、耐熱性、耐寒性に優れ磨耗にも強い優れた特性から、ピックに最も使われている素材の一つです。

サウンドの特徴

  • 粘りがありアタック感が強い。

メリット・デメリット

  • 磨耗に強く減りが少ない

ナイロン(Nylon)

ナイロン

アタックが弱く柔軟性があるのが特徴で、クリーントーンをナチュナルに奏でられます。

アコースティックギターとの相性はバッチリです。

また、一般的に普及している素材なので様々なブランドから出ており種類が豊富なのも嬉しいですね。

レビューモデル

PICKBOY CLASSIC NYLON 1.00mm

素材の感触

硬さは柔らかめで、表面に適度な抵抗がありため弾き心地は良い感じです。

柔らかめの素材全般にいえることですが、指の延長の感覚で弾けます。

弦の消耗も少なく、ライブ中も安心度が高い。

一方でピックの減りは早いので激しいプレイをするときは予備が必要です。

サウンドの特徴

丸く優しい出音で、比較的ウエットな響きがします。

リバーブが深めでも耳障りにならない印象で、ミドルレンジがよく出るのでナチュラルでオーガニックな音像。

どちらかというとオシャレ系ポップスやアダルティーな曲に向いている印象です。

バラードアレンジやギターのみで伴奏する時に使用してみたり、ブルースロックなどで使用すると”いなたさ”がおもしろい。

アコギとも相性が良く、よりアコギらしさを出してくれる一方、歪みでの使用時はやや音像が潰れる印象なので、ディストーションには不向きです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています