バンド・楽器・DTMをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ギター弦

ギター弦のおすすめ。種類と選び方

ギターの弦は「手アカ」や「汗」を付着させたまま放置するとさびてきてしまい、いずれ切れてしまい、交換が必要になります。

ギターはチューニングをした状態で、40~70キロの張力が常にかかっています。

その張力が邪魔をして、弦は徐々に伸びていき、それにしたがい音にツヤがなくなっていきます。

ギター弦の寿命

基本的にギター弦は消耗品のため、2週間~1カ月ごとに交換しましょう。

普段の練習の後は、こまめにクロスなどでふくようにしましょう。

「1弦だけ交換する」という人もいるでしょう。

それはあまりオススメできません。

1弦だけ交換すると、張り替えたばかりの弦と、それ以外の弦で音のバランスが崩れてしまいます。

応急処置ではない限り1弦から6弦まで、一気に交換しましょう。

あとメーカーやゲージの違いでも、弾きやすさや、音、チューニング、寿命に影響が出てきます。

弦の材質による違い

ギター弦

エレキギター、アコースティックギターの弦の芯線はスティール(鋼鉄)でできており、基本的には同じピアノ線が使われています。

その中でもエレキギター弦は、ピックアップの磁力を変化させなければいけないため、巻弦に銅ではなくニッケルまたはステンレスが使用されます。

また、チョーキングやビブラートを多用するため、プレーン弦にも柔らかいニッケルが使用されます。

一方、アコースティックギターは、ブロンズ、もしくはリンを含んだフォスファーブロンズが基本の材質になります。

ブロンズやフォスファーブロンズは、適度な柔軟性と非常に豊かな高域の倍音を持つため、アコースティックギターの「生鳴り」を活かしてくれます。

このように、エレキギターとアコースティックギターの弦には違いがありますので、それぞれに合った弦を選ぶようにしましょう。

ニッケル

ニッケル弦

https://www.amazon.co.jp

柔らかい金属で、加工もしやすくさびにくい特性があるため、高品質な弦には圧倒的にニッケルが使用されています。

ニッケルは強い磁性体の金属なので、ギターのピックアップの磁石と良く反応し、エレキギターに最も合う素材と言われています。

特徴:さびに強い。おとなしめの音。

ステンレス

ステンレス弦

https://www.amazon.co.jp

鋼鉄にクロームを加えた合金のことで、さびにくい特性を持ち、日常生活でもおなじみの金属です。

特徴:優れた強度。弦が切れづらい。値段が安価。テンションが硬い。

コーティング

エリクサー弦

https://www.amazon.co.jp

ニッケル弦の周りに薄くコーティングをした弦で、張りたてのタッチが三カ月ほど持続するといわれています。

長持ちするので、ギターを何本も所有している方にもオススメです。

特徴:長持ち。さびない。チューニングが安定しやすい。通常の弦に比べて値段が高い

ブロンズ

ブロンズ弦

https://www.amazon.co.jp

アコースティックギター用として最も一般的な素材です。

低音から高音までバランス良く、音の輪郭がハッキリした音色です。

特徴:ストローク向き。落ち着いた音

フォスファーブロンズ

フォスファーブロンズ弦

https://www.amazon.co.jp

こちらも主にアコースティックギターで使用される弦です。

銅98%、リン2%の合金で、このリンを加えることで高域の倍音が増し耐性も強く、ブロンズ弦に比べて長持ちするようになります。

特徴:フィンガリングや単音弾き向き。きらびやかな、派手な音になる

こんな記事も読まれています