人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギター弦のおすすめ。種類と選び方

ギターの弦は「手アカ」や「汗」を付着させたまま放置するとさびてきてしまい、いずれ切れてしまい、交換が必要になります。

ギターはチューニングをした状態で、40~70キロの張力が常にかかっています。

その張力が邪魔をして、弦は徐々に伸びていき、それにしたがい音にツヤがなくなっていきます。

弦の材質による違い

ステンレス

ステンレス弦

https://www.amazon.co.jp

鋼鉄にクロームを加えた合金のことで、さびにくい特性を持ち、日常生活でもおなじみの金属です。

特徴:優れた強度。弦が切れづらい。値段が安価。テンションが硬い。

コーティング

エリクサー弦

https://www.amazon.co.jp

ニッケル弦の周りに薄くコーティングをした弦で、張りたてのタッチが三カ月ほど持続するといわれています。

長持ちするので、ギターを何本も所有している方にもオススメです。

特徴:長持ち。さびない。チューニングが安定しやすい。通常の弦に比べて値段が高い

ブロンズ

ブロンズ弦

https://www.amazon.co.jp

アコースティックギター用として最も一般的な素材です。

低音から高音までバランス良く、音の輪郭がハッキリした音色です。

特徴:ストローク向き。落ち着いた音

フォスファーブロンズ

フォスファーブロンズ弦

https://www.amazon.co.jp

こちらも主にアコースティックギターで使用される弦です。

銅98%、リン2%の合金で、このリンを加えることで高域の倍音が増し耐性も強く、ブロンズ弦に比べて長持ちするようになります。

特徴:フィンガリングや単音弾き向き。きらびやかな、派手な音になる

ナイロン

ナイロン弦

https://www.amazon.co.jp

クラシックギター、フラメンコギターなどに張られているナイロン素材の弦です。

特徴:柔らかくあたたかい音色。サスティンが少なくアタック感が強くなる

コンパウンド

コンパウンド弦

https://www.amazon.co.jp

スティールストリングスギターにまれに使われるコンパウンド弦です。

特徴:ブロンズ弦とナイロン弦の中間のようなサウンドです。サスティンが短い。指に優しく柔らかい弾き心地

ラウンド・ワウンドの特徴

最も代表的な形状で、巻線に丸い線が巻かれており、ほとんどのエレキギター、アコースティックギターに使用されています。

音質もシャープで、豊かな倍音、音の輪郭もハッキリしていてブライトな音色が特徴の弦です。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

こんな記事も読まれています