人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

Hartke HA3500 真空管の簡単な交換方法

真空管にはフィラメントが使われていて、いわゆる「電球」みたいな仕組みです。

電球みたいにフィラメントが弱ったり・切れたら使えなくなります。

つまり、真空管アンプは数年使っていると故障するか、音は出ていたとしても音質は少しずつ劣化していきます。

交換した時に新しい真空管の鳴りの良さに「ハッ!」とする事もしばしば。

もちろん故障する箇所は真空管以外にも発生するわけですが、真空管アンプや真空管エフェクターのオーナーさんは交換の手順を覚えておいて損は無いかなと思うのです。

機材の蓋さえ開けてしまえば交換自体は簡単ですので。

簡単な真空管の交換方法

という事で今回、ノイズが出るようになったハートキーを修理した時の手順を紹介していこうと思います。

他の真空管アンプは様々な種類の真空管があってややこしいですが、HAシリーズはプリ管が1つだけなのでわかりやすいのではないかと思います。

Hartke HA3500

分解

まず、外に着いているこれ。

これを取っても電気的には一切関係無く、蓋も開きません。

怖がらずバッと外して大丈夫です!

Hartke HA3500

これは防具みたいな物で、あくまで外の衝撃から守る役目。

スタジオに置く分には・・・というか私的には不必要で、メンテナンスの時に開ける手間・閉める手間が増えるだけなので外しておこうかいつも悩むのです^^

しかし、いつ事故って落ちてしまうかもわからないので、安全策を取っておくに越した事は無いですよね。

防具を取ったらあとはネジ10本で蓋が空きます!

※一応注意点ですが、防具用と蓋用のネジが地味に違う種類です。

後で混ざってしまわないように、袋に入れるなどして分けておきましょう。

内部清掃

埃が凄い!

Hartke HA3500

基本的に定期的に埃取りをしたり、もちろんこうやってメンテナンスで開ける機会には取り除くのですが、うまくその機会を潜り抜けてきたということでしょうか。

開けられてすらいないという事は、良く言うとこいつは「壊れにくい証」でもありますね(笑)

さすがスタジオのスタンダードに登り詰めたハートキーさん!

とはいえ、埃がもし湿気を含むと通電してしまい、そのまま発火する事すらも考えられます。

燃えてしまうとにっちもさっちもいきませんので、そんな事になる前に掃除機で吸ってやりましょう。

開ける時にこういう汚れ等も掃除してやるのも大切なメンテナンスです。

Hartke HA3500

奥の方だけ吸い取った図。

Hartke HA3500

↑これがこうなる↓

Hartke HA3500

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています