- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

「歌い出しが高音!」カンタン発声のコツ!

歌い出しの一発目の高音が出しづらい……とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

今回は一発目の高音が出しづらい原因とその対処法をご紹介します。

第一声目が高音の場合

曲の最初の音や、間奏あけた一発目の音が高音の場合などに使える、高音発声のコツ!

今回は、誰でも簡単にできる、その対処法をお伝えします。

フレーズの真ん中くらいにある高音と、フレーズの最初にある高音では、どちらが出しやすいと感じますか??

恐らく、殆どの人は前者と答えると思います。

それはなぜか??

それは、あらかじめ、高音を出す準備ができるからです。

フレーズの真ん中にある高音は、声を出しながら高音に向かっていくことができるので、助走をしっかりつけられます。

そして、エネルギーがピークに達したところで、高音に向かってジャンプできる。

だから楽に声が出る。

でも、フレーズの最初に高音がある場合は、助走がつけられない。

だから高く飛ぶことが難しい。

では、どうやったら楽に高く飛べるのかというと、息を吸うタイミングにコツがあるのです!

ブレスのタイミングを変える

ズバリ!

いきなり高い音を出したい場合は、「ブレスのタイミングを、今よりも少し早めに設定する」です。

そして、ブレスをして声を出すまでの間で息を止めておく時間を作る。

息を止めておく時間といっても、一瞬です。

だいたい2秒くらいをイメージしてください(あまり長く止めていると苦しくなりますからね!)。

その2秒が、エネルギーを溜められる、助走の変わりの役割をしてくれます。

例えばあなたは、20秒間、息を止めているとしましょう。

かなりしんどいですよね。

その後、息を吐きだしてください。

その吐き出した息の勢いは、どうですか?

「ぷはー!!」と、かなり強い勢いになると思います。

つまり、エネルギーが溜められていたので、一気に放出できるわけです。

曲の場合には、20秒間も止めることはできないので、2秒程度に設定して歌ってみると、高音の出しやすさに驚かれると思います!

ぜひ、実践してみてくださいね。

キーワードは、ブレスのタイミングを早めに設定する」です。

著者プロフィール

KAN

日本ボイスアドバイザー認定 ボイストレーナー KAN 東京の大手ボーカルスクールや、横浜のR&B専門スクールの講師として生徒を育成。

喉の構造を、科学的視点から専門研究。

喉声を改善し、高音を楽に出す従来のボイストレーニングとは全く違うトレーニング法で多くの悩みを解決し、延べ300人以上の指導に当たる。

現在は、宮城県仙台で指導しています。

LOOSE VOICEでは、随時、体験レッスンを実施しております。

実際に、あなたの声を聴かせて頂き、アドバイスいたします。

また、出張レッスンも対応しておりますので、ご依頼頂ければ、あなたの街にもお伺いいたします。

ぜひ、あなたの夢を応援させてください。

その他、質問、お問合せも、お気軽にお寄せ下さい。

ウェブサイト:https://www.loosevoice.com

ブログ:http://loosevoice.hatenablog.com

Twitter:loosevoice

著者の記事一覧

こんな記事も読まれています