バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
音楽と平和。戦争と楽器の歴史

音楽と平和。楽器と戦争の歴史

身近にある楽器の歴史を振り返ってみるとその意外な誕生の歴史、そして時代背景が見えてきます。

あのヒトラーも演説で使用したマイクメーカー「NEUMANN」

images

http://www.ericstang.com/photos/gear-and-recording

レコーディング現場では必ずといっていいほど見かけるNEUMANNのマイク。

戦時中は「大衆を指揮する」目的で、マイクの特性を最大限生かした兵器としても開発されました。

いまや世界有数のマイクブランドとして認知される『NEUMANN』の歴史は第2次世界大戦以前にまでさかのぼります。

最初に有名になった製品は戦時中に軍用として開発されたマイク『CMV 3』。

これはあのヒトラーも演説で使用し、今も写真等で確認することが出来ます。

CMV 3は特徴的な中域を持つ真空管のマイクでした。

http://www.miroc.co.jp/adv/archives/42656

ピアノを使った戦闘訓練

SMusicPianoAntiqueshutterstock_-1920

http://www.musiquity.me/piano-lessons-buying-a-piano-newvused/

戦時中は、今では考えられない訓練が行われていました。

日本軍は前述のように兵士が潜水艦のソナーや戦闘機の音を聞き分けられるように訓練するための「音感教育」としてピアノを使って聴音の訓練を行いました。

毎日1時間、和音を聞き分ける訓練をさせられたそうです。

それに対してアメリカ軍は戦地にピアノを持ち込み(スタインウェイが「ビクトリー・モデル」という戦地用のピアノを開発したそうです)、兵士の士気を向上させたのだそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/yamakami0206/59777309.html

軍事技術のレコーダー

B77-201

http://www.reeltoreel.de/worldwide/B77.htm

現代では録音技術はあって当たり前のようなものですが、戦時中にもその進化はされてきました。

軍隊のために使われたのが、きっかけになったものも多いと言われています。

ワイヤーを長くすればいくらでも長時間録音できるという利点から、米国で改良が重ねられ第二次大戦では米軍が無線通信の録音用に採用します。

一方、ドイツでは第二次大戦中にテープレコーダーが実用化され、ドイツ軍は高性能なテープレコーダーを無線通信の録音、ラジオ放送に使用します。

ドイツ敗戦と共にテープレコーダーの技術は世界に広まり、1940~1950年代にかけてワイヤーレコーダーと共に改良されていくのですが、音質、扱いやすさ、等でテープレコーダーが優位に立ちワイヤーレコーダーは消えていきます。

http://www.geocities.jp/kyo_oomiya/wirerecorder.html

楽器メーカー「YAMAHA」の歴史

yamaha-pianos8

http://www.cooperpiano.com/piano-player-blog/topic/yamaha-piano-prices

楽器メーカーの「YAMAHA」が、楽器製造以外でバイクなどの開発もされていますが、それには経緯があります。

トヨタとシェアを争う『ヤマハ』、このメーカーの元となった会社は楽器メーカーであえる『日本楽器製造』です。

戦時中においては戦争特需として、軍需品の軍用機のプロペラを納品していました。

浜松の工場は戦争による被害を受け、残った工場設備は1953年まで進駐軍に接収されていました。

接収が解除されたのち、当時の社長である『川上源一』は工場設備を活かすためにオートバイの研究開発を計画し、実際に開発の一歩を踏み出し始めました。

http://www.japan-motorcycle-history.com/about-manufacturer/professional-manufacturer-machine-loom/

こんな記事も読まれています