人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

さまざまな視点から好みの楽曲を見つけだす5つのDigり方

もっといろんな曲を聴きたい、新しい曲をみつけたい、好きな曲と似た曲を知りたい……こう思っていてもうまく曲を探せないということは多々あると思います。

とくにJ-POPから離れると、テレビやレンタルショップではなかなか情報を得るのが難しいですよね。

そこで今回は少し違った視点からいろんな曲に出会えるDigり方を5つ紹介したいと思います。

ちなみに、Digるとは「掘る」、つまりは「探す」という意味ですよ!

1.音楽サイトでDigる

音楽の情報がもっとも集結しているのが音楽サイトでしょう。

代表的なものでいうと「Spotify」「SoundCloud」「Bandcamp」「YouTube」などが挙げられます。

音楽サイトは最新リリースはもちろん、ランキングやジャンルごとのプレイリストがあるサイトがほとんどです。

こういったものをなんとなく聴いてみるだけでも多くの発見があります。

「何か聴きたいな」という時に自分の好きな曲を聴くのではなく、音楽サイトで気ままに曲を選んでみるのもいいのではないでしょうか?

2.ジャンルでDigる

レコード

https://www.pexels.com

なんで音楽をジャンル分けするの?と聞かれたら「好きな曲を探しやすくするため」と答えます。

まさにこの記事の趣旨と同じです。

ジャンルで音楽を検索すれば似たような雰囲気の曲がたくさん出てきて、自分好みの曲と出会えるのはもはや必然でしょう。

ジャンルなんて邦楽・洋楽・ジャズ・クラシックとかしかわからないなんて人も多いかと思います。

そういう人は、SoundCloudやBandcampで好きな曲を検索して「タグ」に何が書いてあるか見てみましょう。

絶対書いてある……というわけではありませんが、ジャンルが書いてある曲がほとんどなので、調べる価値はあるかと思います。

また、音楽ゲームもさまざまなジャンルを知る切り口です。

楽曲のタイトルにジャンルが併記されているゲームが多いので、そこでジャンルを知るのもいいかもしれませんよ!

3.レーベルでDigる

レーベルとは大ざっぱに言うとアーティストが所属してる組織のようなものです。

一般社会でいう会社みたいなものです。

ワーナーミュージックみたいな大きいレーベルから小さな個人レーベルまで大小はさまざまです。

このレーベルというものは、レーベルごとに色があって、ジャンルよりもさらに雰囲気の方向性が見えやすいです。

好きなアーティストが所属しているレーベルや、好きな曲がリリースされているレーベルを調べて、そのレーベルの楽曲をいろいろ聴いてみるとたくさんの発見があるかと思います。

先ほど述べたとおり、大小さまざまで非常に多くの数が存在するので、レーベルを調べるだけでもとても楽しいです。

またジャンルごとにも有名なレーベルが存在するので、そういう調べ方をしてもいいですね。

たとえば、Houseで有名なレーベルだとSpinnin’ RecordsUltra Musicでしょうか?

もちろん小さいレーベルも探せばたくさん出てくるので、かっこいいレーベルがあれば友達に自慢してみましょう。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています