人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターやマイクをスマホに接続できるiRigアプリの特徴

今回は「iRig」について紹介してみたいと思います。

では行ってみましょう!

バンド活動におすすめ!iRigアプリについて

バンドでギターなど演奏するときに、多くの人がエフェクターを使用しているかと思います。

ただ、エフェクターを多く使用する人は持ち運びに、苦労することが多いのではないでしょうか?

「今日はエフェクターを持っていくまでもないな……」

「ちょっと練習したいけど、エフェクターをセットするのは大変……」

そんなときがある方は「iRig」を試してみてはいかがでしょうか?

「iRig」とはギターとiPhone・iPadをつなぐ専用端末です。

ギター、iRig、iPhone・iPadをそれぞれ接続することで

iPhone・iPad上でギターにエフェクトをかけることができます。(マルチエフェクターのようなイメージになります)

ただし、注意点として出力される音はiPhoneなどのスピーカーからは出力できません。

iPhoneなどのアプリはあくまでエフェクトをかけるだけであって、出力音はiRigにつないだヘッドフォン・イヤホン経由で聞きます。

iRigやアプリには種類がある

エフェクトをかけるためにはiRigだけではなく、iPhone・iPad上でもアプリをダウンロードしておく必要があります。

iRigやアプリにもさまざまな種類があり、自身の使い方によって選ぶことで、より便利に使うことができます。

iRigにどんなものがあるのか?

iRigの中でも用途に応じたおすすめのものを

簡単に紹介していこうと思います。

ギタリスト・ベーシスト向きスタンダードな機能+αの進化形

こちらはiRig HDの進化形となります。

初期のiRigを改良し、音質面が向上したiRig HDの後継モデルです。

インターフェース搭載のため、パソコンでGaragebandを用いた作曲にも対応しています。

さらにHD2ではギターアンプにも接続でき、本当のエフェクターのように使用できます。

そのため、ギター・ベースをやっている方で、作曲から練習まで幅広く使いたい方におすすめです。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています