スタジオラグへおこしやす - バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

ジャズドラムの打ち込みのコツ

ドラマーなら一度は憧れるジャズドラムですが、知らない人にはジャズドラマーが何をやっているかってすごくわかりにくいんですよ。

odasisも大変苦しみました。

いわんやDTMerをや!です。

というわけで4ビートのジャズドラムの打ち込みの考え方を解説してみます。

まずはそれっぽく聴こえさせることを目標にしてみます!

最後にデモも載せています。

ジャズドラムは分かりにくい?

ものすごく自由に好き勝手なことをやっているように見えがちなジャズドラムですが、8ビートや16ビートと本質的には同じ。

わかりにくく見えるのはビートの核になっている楽器が違うからです。

核となるビートの上に足していくという作り方は8ビートや16ビートのそれと変わりません。

核になる楽器

まずは基本パターンをみてみましょう。

これさえ鳴っていればベーシストは安心します↓

クオンタイズ画面

ピアノロール画面(ジャズドラムの打ち込みのコツ)

8分3連符のグリッド↑で作ります。

3等分の真ん中を抜けばスウィングですね。

鳴っているのはライドとペダルハイハットの2つだけですが、ここで重要なのはハイハットです。

よくジャズドラムと聞いてイメージするのはライドのレガート奏法ですが、ジャズドラムにおいてビートの核を担うのは紛れもなくハイハット。

ハイハットが鳴れば曲のテンポがちゃんと聴こえてきます。

フレーズに変化を与える場合を除いて、ペダルハイハットは一定のベロシティ・オンタイムで鳴らしましょう。

ランダマイズの余地はありません。

これに対してライドにはベロシティ、タイムともにランダマイズの余地が多々あります。

ライドはヨレてもよいのです。

核ではないから。

あなたにオススメ

こんな記事も読まれています