- バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン

歌がうまく聴こえるカラオケマイクの正しい使い方

歌うときのマイクの使い方で大切なのが、マイクの角度と距離、そして持ち方です。

カラオケに頻繁に行く人は多いものの、そのカラオケで使用するマイクをどのように使えば、自分の歌声がもっとうまく聴こえるようになるのか?ということを知らない人はとても多いものです。

今更だけれどマイクの使い方がよく分からない

マイクの上手な使い方を知っていれば、それだけで歌は歌いやすくなります。

マイクを使うときには、次の2つのことを意識すれば歌いやすくなるでしょう。

  1. マイクの角度と自分との距離
  2. マイクの持ち方

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

1. マイクの角度と自分との距離

歌がうまく聴こえるマイクの使い方として、マイクの角度は水平にし、マイクと自分との距離はギリギリにすると良いでしょう。

カラオケでのマイクの使い方は、カラオケをはじめたばかりのときは、自分であれこれと、

「こうすればいいのかな?」

と、試行錯誤していた人がほとんどでしょう。

しかし、マイクに声はきちんと入るので、次第に、

「まあ、声が入れば良いか!」

と、マイクの使い方をそのまま気にせず今まで使っている、と言う人もとても多いでしょう。

マイクの上手な使い方が分かっていないと、カラオケで歌っていて、音がこもったり、うまく入らなかったりと、いろいろとうまくいかないことも出てきます。

まず、マイクの角度ですが、マイクは基本的にマイクの頭部分とおしりの部分が水平になるように、常に角度を維持するようにします。

マイクで歌う人

なぜ、この角度なのかというと、下を向いたまま歌う人や、上を向いたまま歌う人はほとんどいませんよね?ほとんどの人が正面を向いて歌を歌います。

そのときの顔の角度にあったマイクの角度が、水平な角度となるのです。

テレビでアーティストが歌うときに、スタンドマイクを使って歌うときがありますが、基本的に角度は水平になっています。

パフォーマンスとして、顔を激しく動かすタイプのアーティストは、マイクの角度が下だったり上だったりしますが、自分の口とマイクの角度は、手を前にまっすぐ伸ばしたくらいの水平な角度がベストです。

マイクの頭を上にして、おしりの部分が地面の方向にくるように持つ人もいますが、あの持ち方は、かなりの声量のある人でないと、マイクに声がうまく入りません。

マイクで歌う人_垂直

マイクがなくても部屋に響きわたるレベルの声量の人なら、その角度でも問題ありません。

しかし、声が小さい人や、部屋中に響きわたるほどは声量がない人は、マイクは水平に持ちましょう。

そして、マイクと自分との距離ですが、マイクの頭と唇がつくかつかないかくらいのギリギリの距離くらいがベストになります。

カラオケのマイクは、消毒されているとはいえ、いろいろな人が使っていますし、汚いからと、かなり離して歌う人も多いでしょう。

しかし、マイクは離せば離すほど、きちんとした音を拾いにくくなります。

たとえば、CDを聴いたときに、大きな音で聴いた場合と小さな音で聴いた場合とでは、同じ曲でも、曲の印象がものすごく変わると思います。

マイクも離して歌う場合と、ギリギリまで近づけて歌う場合とでは、声の感じが全然変わってくるのです。

カラオケで大人数で歌う場合は、マイクに口をつけて歌われると、イヤだと思う人も多いかもしれませんので、大人数でのカラオケなどでは、マイクは少し離して歌う方が、人間関係としては、良いかもしれません。

しかし、ヒトカラや2人だけでのカラオケなど、1人ひとつマイクを独占して使える状態ならば、マイクは唇がつくかつかないかくらいの、ギリギリの距離で使うと良いでしょう。

自分は声量がないと悩んでいる人が、実はマイクの使い方が悪くて声量がないように感じていただけだった、などはよくあることです。

マイクの角度や距離も、自分の歌の成長とともに、いろいろと研究していくと良いでしょう。

こんな記事も読まれています