バンド・楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

カワイの新しい電子ピアノ CA98・CA78・CA48の魅力

CA98とCA78は音がより良く、CA48は鍵盤、音、ともにパワーアップ!

カワイが新しい電子ピアノを発表しました。

CA98とCA78は2017年10月20日に、CA48は2017年11月10日に発売です。

それでは、それぞれ前機種と比べてどのようにパワーアップしているのか、大まかに紹介して
いきます!

CA98・CA78

KAWAIの電子ピアノCA98・CA78

鍵盤

鍵盤はCA97、CA67のときと同じ木製鍵盤のグランドフィールアクションIIです。

タッチ感は変わっていません。

  • アコースティックピアノにもある、鍵盤を押していったときに感じられる引っかかりのエスケープメント
  • ピアノらしい手応えのある弾き心地を実現するために鍵盤に取り付けられた重りのカウンターウェイト
  • 低音側が重く、高音側は軽く、というアコースティックピアノと同じ鍵盤の重量バランスを再現させるハンマーウェイト

など、電子ピアノとしては文句なしの、グランドピアノを思わせるほど演奏性の高い鍵盤です。

後述するCA48とともに、大きく音質がレベルアップ。

アコースティックピアノの音にまた一歩近づいた模様です。

新音源である「SK-EXレンダリング音源」は、タッチの強弱に対する音色変化のなめらかさが一層増し、音の広がり方もよりリアルになりました。

この二つの大きな特徴が、今までにも再現されていた「ピアノの音を構成するさまざまな共鳴音」と融合して、さらにグランドピアノらしさを感じられる音に進化しています。

さらにオーディオメーカーのONKYO(オンキヨー)と技術提携し、「加工されている感がなく原音に忠実で非常に良い音質」でピアノの音が再生がされるようになっています。

またCA98は響板スピーカーシステム(※ケースの裏に取り付けられた木の板のようなパーツ。画像参照)も性能が向上。

響板スピーカーシステムイメージ

この響板が実際に振動しますので、グランドピアノさながらの共鳴音で、CA97以上に低音から高音までが体を包むような響きとなります。

※アコースティックピアノにもこの響板があり、これに弦の振動が響くことであの迫力ある音を生み出しています。

CA48

KAWAIの電子ピアノ CA48

CA48は鍵盤も音もよくなったようですが、なんと価格はCA17よりも下がっています。

CA17は定価で¥226,800(税込)だったのに対し、CA48は¥210,600(税込)です。

鍵盤

CA98・78に使われている鍵盤の構造と性能に近いものなので、非常に弾き心地がよさそうです!

RM3グランドIIという鍵盤が、CA48からは「グランドフィールスタンダードアクション」というものになります。

特徴は、支点までの距離の長さが長いこと(※2)と、鍵盤の重さをグランドピアノのようにするためのカウンターウェイトを搭載(とうさい)していることです。

(※2 支点距離の説明図 鍵盤の端から支点までの距離がグランドピアノと同じなので演奏感も良くなります)

支点距離解説

また、こうなることで鍵盤の奥側(下図、オレンジの丸の辺り)を弾いても鍵盤がしっかりと沈むため、この部分を使って弾くときに演奏がしやすくなるという効果もあります。

鍵盤図

こんな記事も読まれています