人と音楽をつなぐWebマガジン
menusearch

ギターの指板を使って譜面を見た瞬間にキー判別ができる方法

楽譜を見てすぐにアドリブを弾いたり、使うスケールがわかるような人を見たことありませんか?

え?なんですぐに曲に合わせられるの?って思いませんか?

実は、譜面のある部分を見れば、その曲で使われるスケールがすぐにわかるんです!

複雑な理論は極力使わずに、ギターを使って判断できる方法を紹介しますね。

曲にはキーというルールがある

作曲に使われるコード(和音)やスケール(音階)にはある程度のルールをもとに組み立てられています。

そのルールの1つがキーです。

参考:曲のキー(調)ってなに?

キーがCならばCメジャースケール、AならばAメジャースケールを使います。

曲のキーがわかれば使うスケールもわかるということです。

動画でもご紹介しているので、記事と併せて参考にしてみてくださいね。

キーは譜面の1番最初に書いてある

楽譜やバンドスコアを手にしてる方ならば、こんな記号を見たことないでしょうか?

譜面の始めに必ず書いてあるト音記号と呼ばれるものです。

ト音記号

https://ja.wikipedia.org

このト音記号の横書いてある♯(シャープ)または♭(フラット)が鍵となり、シャープまたはフラットの数でキーが決定します。

ここでのシャープやフラットを調号と呼びます。

シャープもフラットも書かれていない場合がある

いきなり変化球のようですが、ト音記号の横にシャープなどが書かれていない場合があります。

書き忘れではなくここが基本です。

ここはしっかり覚えて欲しいです。

ト音記号の横に何もなければキーはC

1番の基本とされているCメジャーキーです。

この場合、アドリブソロではCメジャースケールを使えます。

次の項目ではいよいよ♯、♭がついた場合の見分け方です。

シャープキーの覚え方

シャープの数とキー

シャープとフラットが混ざることはありません。

シャープ系、フラット系と2つの系統に分けて考えられます。

では、キーをギターフレットとリンクさせて覚えていきましょう。

シャープ系は1弦から数えていきます。

おすすめの記事あわせて読みたい

こんな記事も読まれています